薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

大原薬品工業が原薬製造元(製造国)一覧を公開

医薬品の原薬と聞いて思い出すのが、今年の6月に起きた山本化学工業によるアセトアミノフェン原薬製造における不正の問題ではないでしょうか?
この冬はアセトアミノフェンを用いた製剤が使えなくなるんじゃないかと心配させられましたね。
ジェネリック医薬品の場合、原薬の製造を行わず、原薬製造メーカーから購入して医薬品を製造しているケースが珍しくありません。
私たち薬剤師もジェネリック医薬品を採用する際には、原薬を自社で製造しているのか、もしくはどこから購入しているかという情報がきになることがあります。
そんな中、大原薬品工業が原薬製造元(製造国)一覧を公開しました。

続きを読む

【TJ-029】ツムラ麦門冬湯エキス顆粒(医療用)の自主回収【平成29年12月8日】

え?ツムラ麦門冬湯が自主回収なんですね。
うちの薬局はツムラ、クラシエ、オースギと漢方薬はめっちゃ使っているんですけど、ツムラのMRさんも卸のMSさんもそんなこと教えてくれなかった・・・。
しかも、麦門冬湯はあんまり出ないのでLOT該当しそうだな・・・。
金曜日の夜に気づくというなんとも言えない状況です。
でも、回収理由を見る限り健康被害につながるものではなさそうなので一安心です。

続きを読む

【アバプロ・イルベタン】平成29年12月に登場するジェネリック医薬品についてまとめました【リピディル・トライコア】

平成29年12月8日、後発医薬品などの薬価収載が行われました。
(薬価基準収載:医療用の医薬品の値段は国によって薬価として決められています。簡単にいうとそれが決まることを薬価基準収載と言います。)
薬価収載された後発医薬品のうち、初めてジェネリック医薬品が登場するのは9成分です。
今回、個人的に気になるのは、イルベサルタン、ベポタスチン、フェノフィブラート、トラセミドといったところですね。
(薬価等、あくまでも平成29年12月時点での情報です)

続きを読む

セララ・ジスロマックSR・ザイボックスが出荷調整に〜プエルトリコを襲ったハリケーン マリアによる影響 H29.11.30更新

平成29年11月30日、セララ錠50mg以外の出荷調整は解除されました。
ハリケーン「マリア」被害に伴う ファイザー製品供給体制への影響及び一部対象製品の出荷調整解除について
平成29年11月2日、ファイザーはセララ、ジスロマックSR成人用ドライシロップ、ザイボックス錠について、当面の間、出荷調整を行うことを発表しました。
9月下旬に発生した台風ハリケーン「マリア」によりプエルトリコのインフラが寸断されていることが原因です。
ハリケーン「マリア」被害に伴うファイザー製品供給体制への影響及び出荷調整について

続きを読む

抗PAF作用を持つ第二世代抗ヒスタミン薬 ルパフィン錠発売

またまた、新たな第二世代抗ヒスタミン薬が発売になります。
ルパフィン錠は抗PAF作用と抗ヒスタミン作用を併せ持つ新規第二世代抗ヒスタミン薬です。
このタイミングで新たに追加される第二世代抗ヒスタミン薬、どのような特徴を持つかまとめて見ます。

続きを読む

カロナール細粒の出荷調整が緩和に〜山本化学工業のアセトアミノフェン原薬に出荷許可

平成29年10月18日、かねてより出荷停止の処分を受けていた山本化学工業にアセトアミノフェン原薬の出荷許可が下りたようです。
この連絡を受け、あゆみ製薬はカロナール細粒の生産再開準備に入っているようです。
流通再開までには1ヶ月くらいの期間を要するようですが、順次、出荷調整が緩和されていく予定です。

続きを読む

カロナール細粒が出荷停止の可能性〜アセトアミノフェン製剤の出荷状況まとめ(追記あり)

先日、コカールドライシロップ、アルピニー坐剤の新規採用停止についてまとめましたが、今度はカロナール細粒が出荷停止となってしまう可能性があるとの情報が入ってきました。
すでに出荷調整が始まっていますが、このまま原薬が供給されない場合、各規格・包装の多くが年末ごろでメーカー在庫なしとなってしまうようです。
対象となっているのはあゆみ製薬のアセトアミノフェン製剤のうち、

  • カロナール細粒20%
  • カロナール細粒50%
  • カロナール坐剤小児用50

の3製剤です。

続きを読む