読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

複数の紹介会社にまとめて登録可能なサイトです。スマホアプリもあるのでおすすめです。

国内7製品目(6成分目)のSGLT2阻害剤ジャディアンス承認了承〜SGLT2阻害薬にはすでに配合剤の噂も?

くすり・DI-糖尿病-SGLT2阻害薬 新薬承認情報 くすり・DI-糖尿病 くすり・DI

日本ベーリンガーインゲルハイムが申請していたジャディアンス錠(一般名:エンパグリフロジン)が、平成26年11月21日に開催された厚生労働省 薬食審医薬品第一部会で了承されました。
ジャディアンスは日本国内で7製品目のSGLT2阻害薬になります。
成分としては、エンパグリフロジンが国内で6成分目です。

SGLT2阻害剤

SGLT2阻害剤についてはこのブログでも過去に何回も紹介しています。
SGLT2阻害薬 カテゴリーの記事一覧 - 薬剤師の脳みそ

ナトリウム-グルコース共輸送担体(Sodium-Glucose Transporter:SGLT)は体の様々な場所に存在し、グルコースの輸送に関わっています。
その中でも、近位尿細管に特異的に発現しているのがSGLT2で、SGLT2阻害剤はその働きを阻害することで、尿中から腎臓へのグルコース再吸収を阻害し、糖の排泄を促進します。
腸管などにも存在するSGLT1を阻害すると下痢などの消化器症状を引き起こしてしまうので、SGLTの中でも2型への選択性を高めた薬剤になっています。

ジャディアンス錠

  • 一般名:エンパグリフロジン
  • 規格:ジャディアンス錠25mg、ジャディアンス錠10mg
  • 申請者:日本ベーリンガーインゲルハイム(日本イーライリリーと共同販促予定)
  • 効能・効果:「2型糖尿病」
  • 用法・用量:「10mg錠を1日1回経口投与し、効果不十分な場合は25mg1日1回に増量できる。」


服用時点の縛りなしはフォシーガに続いて2剤目ですね。
海外ではすでに様々な国で販売されているようですね。

SGLT2阻害薬のまとめ

これまでの糖尿病治療薬とは異なる作用機序を持つこの薬剤。
4月に発売したスーグラ(一般名:イプリグラフロジン)を皮切りに、色んなメーカーから次々と発売されています。

平成26年11月 日本国内のSGLT2阻害剤

今のところ日本国内でのSGLT2阻害剤は以下の通りになっています。

発売中
  • イプリグラフロジン(アステラス製薬/寿製薬/MSD、商品名:スーグラ)
  • ダパグリフロジン(ブリストル/アストラゼネカ/小野薬品、商品名:フォシーガ)
  • ルセオグリフリジン(大正製薬/ノバルティスファーマ、商品名:ルセフィ)
  • トホグリフロジン(興和/サノフィ、商品名:デベルザ/アプルウェイ)
  • カナグリフロジン(田辺三菱製薬/第一三共、商品名:カナグル)
承認了承済(承認待)
  • エンパグリフロジン(日本ベーリンガーインゲルハイム、商品名:ジャディアンス)
臨床開発中?
  • ertugliflozin(ファイザー/MSD):小核試験陰性
  • LX4211(レキシコン):SGLT1/2 デュアルブロッカー


すでに配合剤の噂も?

SGLT2阻害剤にも配合剤の噂が聞こえていますね。
噂の段階も含めて耳にしたものをざっとあげてみると。

  • サノフィ & 武田薬品(提携):アプルウェイ+ネシーナ
  • 田辺三菱製薬 & 第一三共:カナグル+テネリア(国内第三相臨床試験)
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン:vokanamet = カナグル+メトホルミン(欧州承認)
  • イーライリリー:ジャディアンス+メトホルミン(FDA承認)

海外ではすでにジャディアンスの合剤も出ているんですね。

SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の組み合わせは各社狙ってそうですね。
SGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の両方を販売している会社を挙げてみると。

  • MSD:スーグラ、ジャヌビア
  • 小野薬品:フォシーガ、グラクティブ
  • ノバルティスファーマ:ルセフィ、エクア
  • 興和:デベルザ、スイニー

合剤競争もどんどん激しくなっていきそうですね。