薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

このブログは薬局で働く薬剤師を中心とした医療従事者の方を対象に作成しています。一般の方が閲覧した際に誤解を招くことのないように配慮しているつもりですが、医療従事者の方へ伝えることを最優先としています。何卒、ご理解ください。   

ツムラの医療用漢方製剤の包装変更

薬や業界に関する知識を身に付けたい方へ
このブログをご覧になっている方の多くは薬や医薬業界に興味を持っていたり、その知識を身につける必要がある方々だと思います。
ぺんぎん薬剤師はそんな方にはまずm3.comの講読をお勧めしています。
登録している人は多いと思いますが、まだ登録していない方はこちらから無料で登録できるので是非この機会に登録してください。
このページの最後にでm3.comを活用した勉強法についてのコラムをまとめています。勉強法で悩んでいる方は是非読んでみてください。(クリックで移動します)

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

日本における医療用漢方エキス製剤の代表的メーカーと言えばツムラだと思います。
そんな、ツムラの医療用漢方エキス製剤の包装が大きく変更になり、平成27年5月より順次出荷となるようです。
  
  
包装変更と言えば、先日マグミット錠のPTP包装が大きく変更になったことが記憶に新しいかと思います。
今回、ツムラの医療用漢方製剤がGS1コード(新バーコード)に対応するのに合わせて、デザインも変更されるようです。
ツムラの漢方の包装変更といえば、数年前に処方番号がはっきり表示されるように変更されましたが、今回はその比ではありません。
  

ツムラの漢方エキス製剤の包装変更

変更内容をまとめると。

  • 処方色(処方番号の末尾ごとに決まった色)がはっきり区別しやすくなった
  • 開封口(両側の黒色部分)がついた
  • 処方番号が見やすいように下地が白色になった
  • 処方名にヨミガナが追加
  • 下部にGS1データバーが追加

  

ツムラの番号ごとの色の変更

※参考までに新旧の処方色をまとめてみます。(色の表現は独断です)

  • 1:水色 → 青
  • 2:緑 → 深緑
  • 3:黄緑 → ライムグリーン
  • 4:黄色 → 黄緑
  • 5:橙 → オレンジ
  • 6:ベージュ → 暗肌色
  • 7:肌色 → 茶色
  • 8:赤 → 紅色
  • 9:ピンク → 桃色
  • 10:青紫 → 藍色

f:id:pkoudai:20150210234728p:plain
  

ツムラ漢方の外箱も変更に

さらには箱もベージュ基調のものから、白基調のものに変わっています。
f:id:pkoudai:20150211000325p:plain
  
ツムラと言えばベージュの箱だったので違和感満載ですね。
解体用のミシン目が加わるということなので、廃棄の際に便利なのでしょうが、慣れるまで時間がかかりそうです。
  
  
今回のツムラにしても、マグミットにしても、別の薬とは思いませんが、パッ見ると患者さんは驚くと思います。
安心して服用していただけるように、丁寧な説明を心掛けたいですね。

© 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー