薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

このブログは薬局で働く薬剤師を中心とした医療従事者の方を対象に作成しています。一般の方が閲覧した際に誤解を招くことのないように配慮しているつもりですが、医療従事者の方へ伝えることを最優先としています。何卒、ご理解ください。   

プロパデルム軟膏とプロパデルムクリームが販売中止~長く使用されたステロイド製剤が製造終了に

薬や業界に関する知識を身に付けたい方へ
このブログをご覧になっている方の多くは薬や医薬業界に興味を持っていたり、その知識を身につける必要がある方々だと思います。
ぺんぎん薬剤師はそんな方にはまずm3.comの講読をお勧めしています。
登録している人は多いと思いますが、まだ登録していない方はこちらから無料で登録できるので是非この機会に登録してください。
このページの最後にでm3.comを活用した勉強法についてのコラムをまとめています。勉強法で悩んでいる方は是非読んでみてください。(クリックで移動します)

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

自分の薬局には在庫していないんですが、聞いた瞬間、思わず、「え!?」と叫んでしまいました。
2015年8月をもって、プロパデルム軟膏0.025%とプロパデルムクリーム0.025%(一般名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)が販売中止となります。


プロパデルムの製造中止は原薬の入手が困難になったため・・・とのことです。
軟膏・クリームともに2015年8月末日で販売終了。
経過措置は2016年3月末日です。

現在、後発医薬品として摩耶製薬のベクラシン軟膏0.025%・ベクラシンクリーム0.025%が発売されていますが、そちらはどうなんでしょう?
同じ理由で製造中止となる可能性がありますね。
プロパデルムの製造中止が協和発酵キリンとグラクソ・スミスクラインの経営的な判断であれば、ベクラシンのみ継続ということもあるかもしれません。

プロパデルムはstrong(Ⅲ群)に位置するステロイドです。
strongのステロイドはプロパデルムのほかには、

  • エクラー軟膏0.3%・エクラークリーム0.3%・エクラーローション0.3%(一般名:プロピオン酸デプロドン)
  • ベトネベート軟膏0.12%・ベトネベートクリーム0.12%(一般名:吉草酸ベタメタゾン)
  • リンデロン-V軟膏0.12%・リンデロン-Vクリーム0.12%・リンデロン-Vローション0.12%(一般名:吉草酸ベタメタゾン)
  • ボアラ軟膏0.12%・ボアラクリーム0.12%(一般名:吉草酸デキサメタゾン)
  • リドメックスコーワ軟膏0.3%・リドメックスコーワクリーム0.3%・リドメックスコーワローション0.3%(一般名:吉草酸酢酸プレドニゾロン)
  • スピラゾン軟膏0.3%・スピラゾンクリーム0.3%・スピラゾンローション0.3%(一般名:吉草酸酢酸プレドニゾロン)
  • フルコート軟膏0.025%・フルコートクリーム0.025%・フルコート外用液0.025%・フルコートスプレー0.025%(一般名:フルオシノロンアセトニド)


プロパデルムを使用している薬局の方はすでに代替品を検討していると思いますが、有名な薬だけに、在庫していない薬局としても知っておきたい情報ですね。

© 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー