薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

【TJ-029】ツムラ麦門冬湯エキス顆粒(医療用)の自主回収【平成29年12月8日】

勉強法で悩んでいる薬剤師の方へ

知識の身に付け方は2種類あります。

1つはすぐに活用できる知識。現在の業務の中で必要とされる知識です。身に付けたらすぐに活用することができるので仕事に活かすことができますし、忘れることもありません。

もう1つはすぐには活用できない知識です。身に付けてもすぐに使う知識ではないのないので、だんだんと記憶から薄れてしまいます。ただし、この知識こそが薬剤師としての基礎的な力になります。

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは記憶力を必要としますし、モチベーションを維持するのも大変です。そのため、習慣的に新しい知識を取り入れることを生活の一部にすることが大切になります。薄い知識でも重ねていくことで自然と少しずつ、自分の力として身についていきます。
そこで当サイトではm3.com薬剤師会員登録をオススメしています。

内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

え?ツムラ麦門冬湯が自主回収なんですね。
うちの薬局はツムラ、クラシエ、オースギと漢方薬はめっちゃ使っているんですけど、ツムラのMRさんも卸のMSさんもそんなこと教えてくれなかった・・・。
しかも、麦門冬湯はあんまり出ないのでLOT該当しそうだな・・・。
金曜日の夜に気づくというなんとも言えない状況です。
でも、回収理由を見る限り健康被害につながるものではなさそうなので一安心です。
  
  

f:id:pkoudai:20171215203654j:plain
  
  

ツムラ麦門冬湯エキス顆粒(医療用)の自主回収

TJ29ことツムラ麦門冬湯エキス顆粒の自主回収です。
ツムラのホームページとpmdaへのリンクを貼っておきます。
http://www.tsumura.co.jp/medical/products/info/other/pdf/171211.pdf
http://www.info.pmda.go.jp/rgo/MainServlet?recallno=2-7749
  

対象ロット等

今回自主回収の対象となっている包装は、「3.0g×189包」、いわゆる大包装です。
出荷時期は2017年7月31日~2017年8月1日なので、使用量が多くなければまだ残っていそうですね。
  

  • 対象ロット:M14351、出荷時期:2017年7月31日~2017年8月1日
  • 対象ロット:M14471、出荷時期:2017年7月31日~2017年8月1日

  
  

回収理由

該当製品のロットM14351において、「分包の上部シール部が開口し、顆粒がこぼれている」という品質情報があり、製造に起因するシール不良であることが判明しました。
複数施設から同様の報告があったため、自主回収を行うことといたしました。
また、調査を行った結果、その他1ロット(M14471)につきましても製造状況から同様の事象が発生する可能性を否定できないため、併せて自主回収を行うことといたしました。

おそらく患者さんに渡す前に気づけるはずなので、おそらくうちの薬局では該当はないと思います。
  
  

まとめ?

これからのシーズン、麦門冬湯の処方はどんどん増えていくと思うので、一瞬ドキッとする回収の文字でしたが、健康被害が起きるものではないですし、流通に影響するようなこともなさそうですね。
  
ちなみに、うちはあまり麦門冬湯は出ません。
咳に対する処方では、小青竜湯、麻杏甘石湯が多いですね。
その後に来るのが、五虎湯、清肺湯、滋陰降火湯、麦門冬湯ってところでしょうか。
漢方ももっと勉強したいですね。

© 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー