読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

スポンサーリンク

ビラノア錠〜眠気は少なく効果はザイザルなみ?の第二世代抗ヒスタミン薬

新薬承認情報

平成28年9月9日、厚生労働省の薬食審・医薬品第二部会が行われました。
10製品について審議が行われ、すべての承認が了承されています。また、平成28年9月28日には正式に承認されました。
今回は新規第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬であるビラノア錠についてまとめます。
  
薬価収載に伴い、大幅に加筆修正を行いました。
  
  

f:id:pkoudai:20161108070429j:plain
  
  

平成28年9月9日薬食審医薬品第二部会での審議品目

今回審議され、承認が了承されたのは以下の通りです。

  • ヒュミラ皮下注シリンジ:「非感染性の中間部、後部または汎ぶどう膜炎」の適応追加
  • ヴィキラックス配合錠とレベトールカプセル:「セログループ2(ジェノタイプ2)のC型慢性肝炎におけるウイルス血症の改善」の適応追加
  • ビラノア錠:新規ヒスタミンH1受容体拮抗薬
  • グラジナ錠:HCVに対する新規DAA NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤
  • エレルサ錠:HCVに対する新規DAA NS5A阻害剤
  • イデルビオン静注用:遺伝子組換えアルブミンと、遺伝子組換え血液凝固第IX因子の融合タンパク質
  • キイトルーダ点滴静注:新規免疫チェックポイント阻害薬、2剤目の抗PD-1抗体
  • エムプリシティ点滴静注用:ヒトCD319に対するIgG1サブクラスのヒト化モノクローナル抗体
  • アイクルシグ錠:BCR-ABLを阻害する白血病治療薬
  • コルヒチン錠0.5mg「タカタ」:「家族性地中海熱」の適応追加(報告品目)

一つずつまとめていきたいと思います。
  
  

ビラノア錠の承認了承

  • 成分名:ビラスチン
  • 販売名:ビラノア錠20mg
  • 申請者:大鵬薬品
  • 効能・効果:「アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒」
  • 用法・用量:「通常、成人にはビラスチンとして1回20mgを1日1回空腹時に経口投与する。」

  
新規ヒスタミンH1受容体拮抗薬です。
ここに来て、デザレックス、ビラノアと第二世代抗ヒスタミン薬が続けて登場となりました。
デザレックス(成分名:デスロラタジン)については少し前にまとめましたね。

個人的にはなんで今更抗アレルギー剤が追加に・・・なんて思っちゃいますが。
  
  

ビラスチンと他の第二世代抗ヒスタミン薬(主にレボセチリジン)との比較

ビラノアが他の第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬(主にザイザル)と比較してどのような特徴を持つのかまとめてみます。
  
  

強い効果と眠気の少なさ

ヒスタミンH1受容体拮抗薬としての効果は非常に強いと言われています。
セチリジン(ジルテック)と比較して強い効果を持つため、その効果はレボセチリジン(ザイザル)と同程度と言われています。
  
また、脳への移行性を検討した結果、大脳皮質のヒスタミンH1受容体の占拠は認められず、フェキソフェナジン(アレグラ)やロラタジン(クラリチン)、デスロラタジン(デザレックス)と同様に、「重要な基本的注意」における「自動車等の運転制限」はつきません。
インペアード・パフォーマンス(Impaired Performance)を起こしにくい薬剤ということができます。
  

臨床試験における眠気の発現頻度の比較

ビラノアの国内臨床試験での眠気の報告は0.6%(国内臨床試験675例中)となっています。
個人的にライバルとなりそうだなと思う薬剤の眠気の頻度をまとめてみると、

  • デザレックス:1.0%(国内臨床試験505例中)
  • ザイザル:3.3%(国内臨床試験・市販後調査等の合計7,155例中)
  • クラリチン:1.8%(国内臨床試験・市販後調査等の合計8,806例中)
  • アレグラ:1.7%(国内外臨床試験・市販後調査等の合計10,685例中)
  • アレロック:7.0%(国内臨床試験・市販後調査等の合計9,620例中)

臨床試験のみの調査で例数が少ないということもありますが、何気にビラノアが一番眠気の頻度が少ないということになりますね。
  
眠気が少なく、ザイザルと同程度の効果となるとなかなかいい薬かもしれませんね。
  
  

欠点は空腹時投与

ただし、少しだけ問題になりそうなのが「空腹時投与」の部分。
空腹投与と食後投与を比較した時、食後のCmaxは約60%低下、AUC0-tは約40%低下するようです。
食事の1時間以上前、もしくは2時間以上後に服用とのことなので、「就寝前」投与が現実的なところでしょうか?
これについては、ザイザルも食事の影響を受けるということで就寝前投与なので同じですね。
効果を出すためにも夜食は厳禁です。
  
  

ザイザルと比較して腎機能による制限が少ない

「慎重投与」には「中等度又は重度の腎機能障害患者(本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがある)」のみ記載されています。
これに対してザイザルは腎機能による制限が多く、クレアチニンクリアランス(Creatinine clearance:Ccr)ごとに投与量が細かく分けられています。

  • Ccr≧80:ビラノア20mg、ザイザル5mg
  • Ccr=50~79:ビラノア20mg、ザイザル2.5mg
  • Ccr=30~49:ビラノア慎重投与、ザイザル2.5mgを2日に1回
  • Ccr=10~29:ビラノア慎重投与、ザイザル2.5mgを週に2回

こうして考えると、軽度の腎障害で通常量使用できるビラノアは使い勝手がいいと思います。
  
  

相互作用について

併用禁忌は存在しないのですが、併用注意はいくつかあります。
ビラスチンはP糖蛋白(P-glycoprotein:P-gp)及び有機アニオン輸送ポリペプチドOATP1A2の基質なので、それらを阻害する薬や食事の影響を受けます。
添付文書には以下の記載があります。

  • エリスロマイシン(P-gp阻害):エリスロマイシン500mg 1日3回 7日間 併用反復経口投与→ビラスチンのCmaxは約2.9倍、AUC0-24は約1.9倍に上昇
  • 経口ケトコナゾール(P-gp阻害):ケトコナゾール400mg 1日1回 6日間 併用反復経口投与→ビラスチンのCmaxは約2.6倍、AUC0-24は約2倍に上昇
  • ジルチアゼム(P-gp阻害):ジルチアゼム 60mg 併用単回経口投与→ビラスチンのCmaxは約1.5倍、AUC0-infは約1.3倍に上昇
  • グレープフルーツジュース(OATP1A2阻害):グレープフルーツジュース240mL→ビラスチンのCmaxは約0.6倍、AUC0-infは約0.7倍に低下

  
P-gp阻害となると、クラリスロマイシンやシクロスポリンの影響も受けそうですね。
GFJに関しては、アレグラも大きく影響を受けると言われています。
と言うことはりんごジュースとオレンジジュースも注意ですね。
  
  

ビラノアは広く使われるようになるのか?

このタイミングで新しいヒスタミンH1受容体拮抗薬が発売される意味って何なんだ。
と思っていましたが、実際にザイザルと同じ効果でデザレックス・アレグラ並みに眠気が少ないのであれば、投与制限がなくなる1年先にはかなり使いやすい薬になるかもしれませんね。
「運転制限なし」のヒスタミンH1受容体拮抗薬に作用が強いものが加わることになります。
んー。でも、ネックは相互作用がなぁ・・・。
  
  

平成28年11月18日、薬価収載・販売開始

ビラノア錠は79.70円となっています。
発売日は薬価収載と同日でした。
ちなみに、同時収載のデザレックス(成分名:デスロラタジン)は69.40円となっています。
ザイザルが96.40円ということを考えるとかなり手頃な値段ですね。