薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

このブログは薬局で働く薬剤師を中心とした医療従事者の方を対象に作成しています。一般の方が閲覧した際に誤解を招くことのないように配慮しているつもりですが、医療従事者の方へ伝えることを最優先としています。何卒、ご理解ください。   

ザクラス配合錠HD/LDの自主回収〜平成28年9月16日

薬や業界に関する知識を身に付けたい方へ
このブログをご覧になっている方の多くは薬や医薬業界に興味を持っていたり、その知識を身につける必要がある方々だと思います。
ぺんぎん薬剤師はそんな方にはまずm3.comの講読をお勧めしています。
登録している人は多いと思いますが、まだ登録していない方はこちらから無料で登録できるので是非この機会に登録してください。
このページの最後にでm3.comを活用した勉強法についてのコラムをまとめています。勉強法で悩んでいる方は是非読んでみてください。(クリックで移動します)

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

週末にザクラス配合錠の自主回収に関する情報が公開されていました。

武田薬品工業とPMDAが情報を公開しています。

ザクラス配合錠LDの中にザクラス配合錠HDが入っているものが見つかったためとのことです。

  

  

ザクラス配合錠の回収情報

回収概要

医療施設より1錠中の有効成分としてアジルサルタン20mg及びアムロジピン2.5mgを含有する「ザクラス配合錠LD」のLot番号がAK126(100錠入)の組箱に、1錠中の有効成分としてアジルサルタン20mg及びアムロジピン5mgを含有する「ザクラス配合錠HD」のPTPシートが混入しているとの情報を受付けました。
調査の結果、当該ロットに「ザクラス配合錠HD」が封入された組箱が更に存在する可能性を否定できないため、自主回収することと致しました。
また、当該ロットの他に上記の15ロットについて、「ザクラス配合錠LD」の組箱内に、「ザクラス配合錠HD」が封入された製品が、また「ザクラス配合錠HD」の組箱内に「ザクラス配合錠LD」が封入された製品が、それぞれ各ロットに1箱ないし数箱存在する可能性が否定できないため、併せて自主回収することと致しました。

  

ザクラスLDの箱内にHDが混入?

あまり耳にしたことのない回収理由なんですが、工場ではラインも別でしょうし、こんなことが起こりうるんでしょうか?

でも、自主回収を案内しているんですし、完全に否定できないんだとは思います。

  

  • ザクラスHD:アムロジピン5mg/アジルサルタン20mg
  • ザクラスLD:アムロジピン2.5mg/アジルサルタン20mg

ザクラスLDとザクラスHDではアムロジピンの量が2.5mg変わってきますから、当然ながら、万が一そのまま渡ってしまうと低血圧等の危険がありますね。

発見した医療機関はかなり驚いたでしょうね。

 

武田薬品からも回収の案内が公開されています。

医療関係者確認画面 |武田薬品工業 医療関係者向け情報 Takeda Medical site

© 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー