読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

複数の紹介会社にまとめて登録可能なサイトです。スマホアプリもあるのでおすすめです。

ブロチンシロップ、濃厚ブロチンコデイン配合シロップ、サリパラ・コデイン液の販売中止

ご存知の方には今更だと思うのですが・・・。
ブロチン配合シロップの二つが販売中止になるんですね。
今年の1月には発表されていたのでよく使っている方はとっくに知っている話だとは思います。
  
  

f:id:pkoudai:20160901143119j:plain
  
  

ブロチン配合剤は11月末で販売中止

平成28年11月末をもって、ブロチン配合製剤の販売が中止されます。

  • ブロチンシロップ3.3%
  • 濃厚ブロチンコデイン配合シロップ

  
第一三共からの案内は以下のとおりです。
https://www.medicallibrary-dsc.info/announce/other/pdf-data/2016/1601stop_bro4_brcd2.pdf
  
案内には詳しい中止理由は記載されていませんが、おそらく原料である桜皮抽出物が入手困難になったことが関係していると思います。
  
  

元々出荷制限がかかっていたブロチンシロップ

ブロチンシロップについては、2013年5月に出荷制限の案内が出されていました。

本品は山桜の樹皮から抽出した桜皮エキスを有効成分として含有しておりますが、原料となる山桜原木の調達が国内木材伐採量の減少により困難となり、減産を余儀なくされました。弊社としましては、引続き国内で山桜原木の調達を鋭意進めてまいりますが、現時点では原料の安定的な調達の目処が立っていない状況にあります。

同じ桜皮エキスを原料とする濃厚ブロチンコデインシロップについてはブロチン液に比べれば流通していました。
ですが、ブロチンシロップ欠品に伴う需要増などで品薄になることもあったようです。
  
確かに、山桜の木が足りなくなってしまうと、それを原料とする薬剤の製造は困難になってしまいますね。
必要なのは山桜の樹皮だけですし、それだけのためのみに伐採を進めるわけにはいかないでしょうし、かと言って、そのために山桜を植樹すると言っても植えてすぐに使用出来る訳ではないでしょうし・・・。
  
  

ブロチンシロップ・濃厚ブロチンコデイン配合シロップの代替品は?

数年前から出荷調整がかかっていた薬なので、販売中止の発表前からすでに別の薬剤に置き換わっていたところも多いのではないかと思います。
  
純粋な代替品は後発医薬品だけです。

  • サリパラ液
  • サリパラ・コデイン液

ブロチンシロップの後発品がサリパラ液で、
濃厚ブロチンコデイン配合シロップの後発品がサリパラ・コデイン液です。
  
ですが・・・。
http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/files/item/123/news/6.pdf?1453167284
サリパラ・コデイン液も今年の11月で販売中止なんですね・・・。
ただ、サリパラ液は継続して販売されるみたいです。
丸石製薬はオウヒエキスを確保できているってことでしょうか?
  

桜皮(オウヒ)エキス以外の代替品は?
  • ブロチンシロップの適応

効能又は効果
下記疾患に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難
  急性気管支炎、肺炎、肺結核

  

  • 濃厚ブロチンコデイン配合シロップの適応

効能又は効果
下記疾患に伴う咳嗽及び喀痰喀出困難
  急性気管支炎、感冒・上気道炎、肺結核

  
同じように咳嗽と喀痰喀出困難に対する適応を持つシロップ剤を見てみると・・・。
以下のものがありますね。

  • アスベリンシロップ0.5%
  • アスベリンシロップ「調剤用」2%
  • セキコデ配合シロップ
  • メジコン配合シロップ

  
  

まとめ

以前はブロチンシロップを使用した病院ごとの約束処方をよく見たんですけどね。
今はどんな配合で対応しているのか、もう使わなくなったのか・・・気になるなあ。
とにかく、まあ、なんというか、独特な味でした。
ご高齢の方とかあの味じゃないと効かないって方もいたんじゃないかと思ったりします。