読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

スポンサーリンク

抗がん剤に3種類の適応追加の承認了承

新薬承認情報
平成27年10月29日、厚生労働省薬食審医薬品第二部会が開催され、抗がん剤の適応追加について、PMDAで承認が了承された内容についての報告が行われました。
  
  

ゼローダとエルプラットが胃がん術後も使用可能に

  • ゼローダ錠300(一般名:カペシタビン)
  • エルプラット点滴静注液(一般名:オキサリプラチン)
カペシタビンは腫瘍組織内で活性化するように設計された5-FUのプロドラッグ、オキサリプラチンは腎毒性等が改善された白金製剤です。
効能・効果に「胃がん」が追加。
これまで両剤の併用療法の効能・効果は、「治癒切除不能な進行・再発の胃がん」となっていましたが、「胃がん」となることで、術後補助化学療法にも使えるようになります。
  
  

ハイカムチンに子宮頸がんへの適応追加

  • ハイカムチン注射用1.1mg(一般名:ノギテカン塩酸塩)
効能・効果に、「進行または再発子宮頸がん」が追加。
簡単に復習すると、ノギテカンは、トポイソメラーゼ阻害剤でありながら、同様の作用機序をもつイリノテカンとは異なり、代謝過程でSN-38が生じないことから下痢等の副作用が改善された薬剤です。
当初の適応「小細胞肺がん」に加え、「がん化学療法後に増悪した卵巣癌」、「小児悪性固形腫瘍」に対する適応を取得していましたが、新たに「子宮頸がん」に対する適応が追加となります。
  
   

タイケルブとアロマターゼ阻害剤の併用療法が可能に

  • タイケルブ錠250mg(一般名:ラパチニブトシル塩酸塩水和物)
ラパチニブは、EGFRとHER2、2つの受容体に対して阻害作用を示す分子標的薬です。
効能・効果は、これまでと同様の「HER2過剰発現が確認された手術不能または再発乳がん」のままです。
これまではカペシタビン(ゼローダ)と併用する用法・用量しかありませんでしたが、アロマターゼ阻害剤併用の用法・用量が追加されます。
アロマターゼ阻害剤としては、
  • アリミデックス(一般名:アナストロゾール)
  • アロマシン(一般名:エキセメスタン)
  • フェマーラ(一般名:レトロゾール)