薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

エリミンが発売中止に!

新人薬剤師さんへ
どんな勉強にも言えることですが、学習を生活の一部にすることが大切です。そこで、毎日無理なく新しい知識に触れるための手段を決めていなければm3.comがオススメです。内容をしっかり理解する時間がなくても、メルマガや記事を見て、単語や言葉を目にすることで、少しずつ、確実に知識の引き出しは少しずつ増えていきます。

多くの方が登録しているサイトですが、まだという方は無料登録可能なので上のバナーをクリックして登録してみてください。
多くのことをしようとすると続かなくなってしまうので、まずはここから初めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

ベンゾジアゼピン系睡眠薬であるエリミン(一般名:ニメタゼパム)の製造中止がアナウンスされました。
平成27年11月をもって大日本住友製薬からの出荷が停止されるようです。


残念ながらエリミンは、不眠症治療薬として、それほどメジャーな薬剤ではありません。
ですが、純国産の睡眠薬として1977年から発売されている歴史のある薬剤です。
作用時間は中間型。
規格は3mg、5mgです。
片面が真っ赤な(反対側は銀)プラスチックシートがインパクトあるので、見たことある人は忘れられないですよね。

最大10mgまで服用できたので、使ってる人にとっては都合のよい薬剤でしたが、あまり広くは使われていませんでした。
薬価も3mg:14.6円、5mg:19円と安かったので、大日本住友としては売上的に厳しいものがあったんだと思います。
あと、一部では赤玉と呼ばれ、悪用する人もいたというのも原因なのかもしれませんね。

大日本住友は参考代替薬として、

  • フルニトラゼパム(商品名:サイレース、ロヒプノール等)
  • ニトラゼパム(商品名:ベンザリン、ネルボン等)
  • エスタゾラム(商品名:ユーロジン等)

を挙げていますが、この手の薬で全く同じというものは難しいので、早めに代替薬の検討を行い、切り替えを進めていきたいですね。