薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

このブログは薬局で働く薬剤師を中心とした医療従事者の方を対象に作成しています。一般の方が閲覧した際に誤解を招くことのないように配慮しているつもりですが、医療従事者の方へ伝えることを最優先としています。何卒、ご理解ください。   

エリミンが発売中止に!

薬や業界に関する知識を身に付けたい方へ
このブログをご覧になっている方の多くは薬や医薬業界に興味を持っていたり、その知識を身につける必要がある方々だと思います。
ぺんぎん薬剤師はそんな方にはまずm3.comの講読をお勧めしています。
登録している人は多いと思いますが、まだ登録していない方はこちらから無料で登録できるので是非この機会に登録してください。
このページの最後にでm3.comを活用した勉強法についてのコラムをまとめています。勉強法で悩んでいる方は是非読んでみてください。(クリックで移動します)

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

ベンゾジアゼピン系睡眠薬であるエリミン(一般名:ニメタゼパム)の製造中止がアナウンスされました。
平成27年11月をもって大日本住友製薬からの出荷が停止されるようです。


残念ながらエリミンは、不眠症治療薬として、それほどメジャーな薬剤ではありません。
ですが、純国産の睡眠薬として1977年から発売されている歴史のある薬剤です。
作用時間は中間型。
規格は3mg、5mgです。
片面が真っ赤な(反対側は銀)プラスチックシートがインパクトあるので、見たことある人は忘れられないですよね。

最大10mgまで服用できたので、使ってる人にとっては都合のよい薬剤でしたが、あまり広くは使われていませんでした。
薬価も3mg:14.6円、5mg:19円と安かったので、大日本住友としては売上的に厳しいものがあったんだと思います。
あと、一部では赤玉と呼ばれ、悪用する人もいたというのも原因なのかもしれませんね。

大日本住友は参考代替薬として、

  • フルニトラゼパム(商品名:サイレース、ロヒプノール等)
  • ニトラゼパム(商品名:ベンザリン、ネルボン等)
  • エスタゾラム(商品名:ユーロジン等)

を挙げていますが、この手の薬で全く同じというものは難しいので、早めに代替薬の検討を行い、切り替えを進めていきたいですね。

© 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー