薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

セロクラール錠の自主回収

新人薬剤師さんへ
どんな勉強にも言えることですが、学習を生活の一部にすることが大切です。m3.com薬剤師会員登録 まずは、毎日のメルマガの購読から初めてください。一ヶ月間毎日目を通すだけでも変化が実感できると思います。

スポンサーリンク

平成27年9月11日から、セロクラール錠10mg、セロクラール錠20mg両方の自主回収が開始されています。
なお、セロクラール細粒4%については問題ないようです。


今回の自主回収はセロクラール錠の長期安定性試験1年目の溶出試験で規格範囲外となり、不適合となったロットがあったためのようです。
詳しく試験結果は公開されていませんが、溶出が遅れることで、吸収が遅れる可能性が否定できないとのことです。

自主回収の対象となるLOTが公開されています。
(何故か製造販売元のサノフィのホームページで公開されている資料にはロットが掲載しれていないので、販売元の日医工が公開している資料にリンクしています)