薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

ジゴキシン錠0.0625「KYO」の発売

勉強法で悩んでいる薬剤師の方へ

知識の身に付け方は2種類あります。

1つはすぐに活用できる知識。現在の業務の中で必要とされる知識です。身に付けたらすぐに活用することができるので仕事に活かすことができますし、忘れることもありません。

もう1つはすぐには活用できない知識です。身に付けてもすぐに使う知識ではないのないので、だんだんと記憶から薄れてしまいます。ただし、この知識こそが薬剤師としての基礎的な力になります。

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは記憶力を必要としますし、モチベーションを維持するのも大変です。そのため、習慣的に新しい知識を取り入れることを生活の一部にすることが大切になります。薄い知識でも重ねていくことで自然と少しずつ、自分の力として身についていきます。
そこで当サイトではm3.com薬剤師会員登録をオススメしています。

内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

平成27年1月21日、ジゴキシン錠の新規格、ジゴキシン錠0.0625「KYO」が発売されました。
これに伴い、ハーフジゴキシンKY錠0.125を半割しても自家製剤加算は取れなくなったので注意が必要です。


http://www.toaeiyo.co.jp/info-qdg.pdf

今回の規格追加により、トーアエイヨーのジゴキシン錠ラインナップは、

  • ジゴキシンKY錠0.25
  • ハーフジゴキシンKY錠0.125
  • ジゴキシン錠0.0625「KYO」

の3つになりました。

ちなみに、「KY」は製造販売元である京都薬品工業の頭文字(「K」yoto 「Y」akuhin)だと思うのですが、今回から「KYO」toとしたのでしょうか?

他社のラインナップを見てみると、
中外製薬

  • ジゴシン錠0.125mg
  • ジゴシン錠0.25mg
  • ジゴシン散0.1%
  • ジゴシン注0.25mg

テバ製薬

  • ジゴキシン錠「タイヨー」0.125mg
  • ジゴキシン錠「タイヨー」0.25mg

アルフレッサファーマ

  • ジゴキシン錠0.125mg「AFP」
  • ジゴキシン錠0.25mg「AFP」

ニプロ

  • ジゴキシン錠0.125mg「NP」
  • ジゴキシン錠0.25mg「NP」


ということで、0.0625mg錠はジゴキシン製剤として初の規格になります。
これまで、ジゴキシン(ジゴシン)錠0.125mgを半割して算定できていた自家製剤加算は算定不可ということになってしまいました。


ちなみに、ジゴキシンを含むジギタリス製剤の評価というのはなかなか難しいのですが、近年では、低用量でのみ生命予後改善効果が期待できると考えられています。
ジゴキシンの場合、特に未変化体の腎排泄が多いということで、腎機能による影響を受けやすく、高齢者に使用する場合はより低用量での使用となります。
そう考えると、今回の規格追加の理由も納得できるのですが、このパターンで自家製剤加算を算定していた薬局には少々つらいところかもしれませんね。

  © 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー