薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

ロサルヒドに続く配合剤ジェネリック医薬品の統一ブランド名称が公開(2014年7月)

新人薬剤師さんへ
どんな勉強にも言えることですが、学習を生活の一部にすることが大切です。m3.com薬剤師会員登録 まずは、毎日のメルマガの購読から初めてください。一ヶ月間毎日目を通すだけでも変化が実感できると思います。

スポンサーリンク

プレミネント(一般名:ロサルタン/ヒドロクロロチアジド)のジェネリック、ロサルヒドが発売されています。
このロサルヒドというネーミング、個人的には成分がわかりやすくてとても好きです。
ジェネリック医薬品学会は、今後、後発医薬品の発売が予定されている配合剤について統一名称の提案を行っているので紹介します。
全てまとめた記事を作成しています。

  
  

  
  

2014年7月に新たに公開された配合剤ジェネリック医薬品の統一ブランド名称

新たに統一名称が提案されたのは、

  • エックスフォージ(一般名:アムロジピン/バルサルタン)
  • コディオ(一般名:バルサルタン/ヒドロクロロチアジド)
  • カデュエット(一般名:アムロジピン/アトルバスタチン)
  • ゾシン(一般名:ピペラシリン/タゾバクタム)

の4剤です。
  

新しい統一名称は・・・

配合剤ジェネリック医薬品の統一ブランド名称について

  • アムロジピン/バルサルタン:アムバロ(AMVALO)
  • バルサルタン/ヒドロクロロチアジド:バルヒディオ(VALHYDIO)
  • アムロジピン/アトルバスタチン:アマルエット(AMALUET)
  • ピペラシリン/タゾバクタム:タゾピペ(TAZOPIPE)

  
………あれれ?
何かロサルヒドのような感動がないのは自分だけでしょうか?
何か覚えにくいような?
  
アムロジピン/バルサルタンはアムバルとかアムバルサ、
バルサルタン/ヒドロクロロチアジドはバルヒドとかバルサヒド、
アムロジピン/アトルバスタチンはアムアトとかアムアトル、
ピペラシリン/タゾバクタムはギリギリ許容範囲ですが、ピペタゾとかピペラタゾの方がわかりやすかったような………。
  

配合剤ジェネリックの薬品名は統一名称に一本化

ジェネリック医薬品学会としては配合剤の後発医薬品が一般名使用となったり各社オリジナルとなることで医療現場が混乱することを避けるべく、あくまでも統一名称の候補を提案というスタンスのようですが、おそらく、今回もこれらの統一名称が使用されるのだとは思います。
ロサルヒドは統一名称と言いながらも一般名にほぼ近い感覚で覚えることができたのが嬉しかったんですけどね。
  
後発医薬品名に一般名を採用する流れを考えると、アマルエットのように先発医薬品名のカデュエットの一部を含むのはいまいちな気もするんですけどねぇ…。
みなさんはいかがでしょうか?