薬剤師の脳みそ

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

ルセフィ錠にデベルザ錠・アプルウェイ錠~続々登場のSGLT2阻害剤

勉強法で悩んでいる薬剤師の方へ

知識の身に付け方は2種類あります。

1つはすぐに活用できる知識。現在の業務の中で必要とされる知識です。身に付けたらすぐに活用することができるので仕事に活かすことができますし、忘れることもありません。

もう1つはすぐには活用できない知識です。身に付けてもすぐに使う知識ではないのないので、だんだんと記憶から薄れてしまいます。ただし、この知識こそが薬剤師としての基礎的な力になります。

普段の業務で使用しない知識を身に付けるのは記憶力を必要としますし、モチベーションを維持するのも大変です。そのため、習慣的に新しい知識を取り入れることを生活の一部にすることが大切になります。薄い知識でも重ねていくことで自然と少しずつ、自分の力として身についていきます。
そこで当サイトではm3.com薬剤師会員登録をオススメしています。

内容をしっかり理解するだけの時間が取れない時でも、メルマガや記事を見て、単語や言葉を目にするだけでも知識の引き出しは少しずつでも確実に増えていきます。多くのサイトに登録したり、書籍を読もうとして続かなくなるより、まずは1つを継続することから初めてみることをおすすめします。登録となると不安に感じる方もいるかもしれませんが、医療関係者であれば誰しも耳にしたことがある!というくらいの有名なサイトで、薬剤師以外にも医師や看護師も多く登録しているサイトなので安心して利用できますね。

スポンサーリンク

(ここからが記事本文になります)

どんどん登場するSGLT2阻害薬。
平成26年2月24日に厚生労働省 薬事・食品衛生審議会の医薬品第一部会で新たなSGLT2阻害薬の承認が了承されました。
今回は2成分、3薬品です。

SGLT2阻害薬

まずは復習。
SGLT2とはNa+/グルコース共輸送担体 2(Sodium-glucose Cotranesporter2)。
SGLT2阻害剤は、近位尿細管において糖の再吸収を司る輸送体であるSGLT2を阻害することで、尿中への糖の排出を促進し血糖を低下させます。
インスリンを介さずに血糖を降下させることが可能なため、低血糖が起こりにくい、肥満をおこしにくいことが予想され、期待されている糖尿病の新薬です。

詳しくはこちらをどうぞ。
SGLT2阻害薬その1〜スーグラ承認 - 薬剤師の脳みそ
SGLT2阻害薬その2〜SGLT1/2阻害薬 - 薬剤師の脳みそ
国内2番目のSGLT2阻害剤 フォシーガ - 薬剤師の脳みそ


ルセフィ錠

まずは大正製薬のルセフィ錠。
ルセイフィ錠2.5mgとルセフィ錠5mgの2規格です。
有効成分はルセオグリフロジン水和物。

効能・効果は、「2型糖尿病」
用法用量は、「通常、成人にはルセオグリフロジンとして2.5 mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら5 mg l日1回に増量することができる。」となっています。

日本での承認が世界初となる成分です。
大正製薬とノバルティスファーマが共同販売を行います。

新規作用機序の薬剤であること、海外でも同一作用機序の薬剤が承認されて間もないこと、脱水や感染症のリスクがあることから、スーグラ錠やフォシーガ錠と同様、直後調査が定められています。
また、特定使用成績調査として、2型糖尿病患者対象の3年間の調査、65歳以上の2型糖尿病患者対象の1年間の調査が予定されています。

デベルザ錠・アプルウェイ錠

デベルザ錠は興和。
アプルウェイ錠はサノフィです。
ともにデベルザ錠20mg、アプルウェイ錠20mgの1規格です。
有効成分はプラスグレル塩酸塩。

効能・効果は、「2型糖尿病」
用法用量は、「通常、成人にはトホグリフロジンとして20 mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。」となっています。

これらも日本での承認が世界初となる成分です。
ルセフィ錠と同様に直後調査が定められ、特定使用成績調査も行われます。

平成26年3月26日追記:3月24日付で全て承認されたのでフォシーガ、ルセフィ、デベルザ、アプルウェイが同時に承認され、早速アプルウェイの資料が届きました。
f:id:pkoudai:20140325205438j:plain
リンゴの皮を向くように開ける封筒に、金のリンゴの形の資料。
金のリンゴの形をしたペーパーウェイトもありましたよ。
アプルウェイ…アップルか…。
SGLT2阻害薬の元となったフロリジンがリンゴの樹皮から発見されたことに由来してるんでしょうね。
インパクトあるなー。こりゃ覚えるかも。

これまでに承認されたSGLT2阻害剤

これで日本で承認されたSGLT2阻害薬は4成分、5薬品となります。

わかる範囲で違いをまとめてみます。

成分(薬品名)製造販売規格用法用量
イプラグリフロジン(スーグラ)アステラス25mg・50mg朝食前または朝食後50mg(~100mg)
ダパグリフロジン(フォシーガ)ブリストル5mg・10mg1日1回5mg(~10mg)
ルセオグリフリジン(ルセフィ)大正製薬2.5mg・5mg朝食前または朝食後2.5mg(~5mg)
トホグリフロジン(デベルザ・アプルウェイ)興和・サノフィ20mg朝食前または朝食後20mg

用量調節や規格でも差が見えてきましたね。

まだ承認されてないものをまとめると・・・。
 ・カナグリフロジン:田辺三菱製薬、第一三共 ※SGLT1/2阻害薬
 ・エンパグリフロジン:イーライリリー、ベーリンガーインゲルハイム
 ・PF-4971729:ファイザー
 ・LX4211:レキシコン ※SGLT1/2阻害薬
といったところです。
熾烈な争いが間近まで迫っていますね!

  © 2014- ぴーらぼ inc. プライバシーポリシー