読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

スポンサーリンク

オーグメンチンとサワシリンを併用?

くすり・DI 脳みそ 治療方法

ある日の処方。
オーグメンチン配合錠250RS 3T 3×N
サワシリンカプセル250 3C 3×N
後輩が首をかしげていました。
  
  

  
  

アモキシシリンの重複

後輩が首をかしげていた理由はそれぞれの成分にあります。

  • オーグメンチン配合錠250RS:クラブラン酸カリウム 125mg/アモキシシリン水和物 250mg
  • サワシリンカプセル250:アモキシシリン水和物 250mg

ご覧のとおりアモキシシリンが重複しています。
  
ちなみに、その患者さんは肺炎だったんですが、肺炎の場合の用法・用量はそれぞれ以下のとおり。

  • オーグメンチン250RS:「通常成人は、1回1錠、1日3~4回を6~8時間毎に経口投与する。」
  • サワシリン:「通常1回250mg(力価)を1日3~4回経口投与する。」

  
「どう飲んでもらったらいいんですか?」
たしかに、添付文書通り読めばどちらか一方でいいように見えますね。
片方を飲み終わってからもう片方を飲むように思ったようですが違います。
答えは「オーグメンチンとサワシリンは併用する。」です。
  
  

クラブラン酸カリウムとは?

オーグメンチンに含まれている「クラブラン酸カリウム」はβラクタマーゼ阻害剤です。
βラクタマーゼというのはアモキシシリンを含むβラクタム系抗生物質を分解してしまう酵素です。
βラクタム系抗生物質にはペニシリン系やセフェム系が含まれますから、βラクタマーゼを産生する最近はペニシリン系抗生物質やセフェム系抗生物質に耐性を持つということになります。
そこで、アモキシシリンにクラブラン酸カリウムを混ぜることでβラクタマーゼ産生菌に効果を持たせたのがオーグメンチンです。
  
  

日本国内におけるアモキシシリンの用量

日本国内でのアモキシシリンの使用量は1日750mg~1000mgですが、国際的に見るとこれはとても少ないんです。
海外での使用量は1500mg~2000mgになっています。
  
ちなみに小児の用量は改定されています。
以前は、アモキシシリンの細粒の用量は1日20~40mg/kgの記載のみだったんですが、
2011年8月からは「年齢、症状により適宜増減するが、1日量として最大90mg(力価)/kgを超えないこと」が加えられました。
90mg/kgで使うと11kgですでに国内大人の最大用量です。
いかに成人の使用量が少なく設定されているかがわかると思います。
  
  

クラブラン酸カリウムとアモキシシリンのバランス

じゃあ、βラクタマーゼ産生菌に対しては、アモキシシリンの量をしっかり増やして
「オーグメンチン250RS 6T 3×N」
でいいんじゃないかという話になるのですが、これではだめなんです。
クラブラン酸カリウムの量が増えてしまうと副作用である下痢や吐き気が出やすくなってしまうんです。
  
ちなみに、オーグメンチンではクラブラン酸カリウム(CAV)とアモキシシリン(AMPC)の比は、AMPC:CAV = 2:1となっています。
実はこの比率自体がおかしいんです。
海外ではAMPC:CAV = 4:1が主流です。
つまり、日本の処方ではアモキシリンが少なく、クラブラン酸カリウムが多いという状態です。
  
  

AMPCとCAVの比を改善したクラバモックス

ちなみに小児用にはこのバランスを改善した薬が発売されていますね。
「クラバモックス小児用配合ドライシロップ」です。
クラバモックス1.01gあたり、クラブラン酸カリウム 42.9mg(力価) + アモキシシリン水和物 600mg(力価)
つまり、AMPC:CAV = 14:1となっています。
このことからも、CAVは少なくても効果が発揮できることがわかりますね。
  
  

オーグメンチンとサワシリンの併用

というわけで。

  • オーグメンチン配合錠250RS 3T 3×N
  • サワシリンカプセル250 3C 3×N

を併用するということで問題ないということがわかります。
アモキシシリンの用量を十分に効果が出るよう増やし、かつ、クラブラン酸カリウムの量は増やさず副作用は抑えることができるというわけです。
  
ちなみに、この処方、肺炎や虫垂炎でよく見かける気がします。
抗生物質の処方一つにしても医師の考えが伝わってきて面白いですね。