薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

エボルトラ点滴静注20mg

新人薬剤師さんへ
どんな勉強にも言えることですが、学習を生活の一部にすることが大切です。m3.com薬剤師会員登録 まずは、毎日のメルマガの購読から初めてください。一ヶ月間毎日目を通すだけでも変化が実感できると思います。

スポンサーリンク

平成25年3月25日付承認医薬品です。
今回は新薬18成分を含む23品目でした。
クロファラビン点滴静注(商品名:エボルトラ点滴静注20mg/ジェンザイム・ジャパン)
※新有効成分含有医薬品
オーファンドラッグ

厚労省の未承認薬使用問題検討会議で取り上げられ、開発支援品目として助成金を受け開発された薬です。
効能・効果は「再発または難治性の急性リンパ性白血病」。

第2世代ヌクレオシド誘導体製剤でデオキシアデノシンの類縁体。
ちなみに類薬であるネララビン(商品名:アラノンジー静注用)はデオキシグアノシンの類縁体です。
リポヌクレオチド還元酵素とDNAポリメラーゼの働きをともに阻害することで、DNAの合成を阻害し、がん細胞の増殖を抑えます。

再発・難治性の急性リンパ性白血病(ALL)については予後不良かつ有効な標準治療法が存在しないので、新規薬剤の追加は喜ばしいですね。

今後はALLだけでなく、急性骨髄性白血病(AML)、小児のALLの早期治療、骨髄異形成症候群(MDS)での申請も検討されているようです。

追記
3月25日ではジェンザイム・ジャパンが製造承認を受けましたが、4月1日付でサノフィに受け継がれたようですね。
なので、販売はサノフィからになると思います。