薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

ノーモサング点滴静注250mg

新人薬剤師さんへ
どんな勉強にも言えることですが、学習を生活の一部にすることが大切です。そこで、毎日無理なく新しい知識に触れるための手段を決めていなければm3.comがオススメです。

内容をしっかり理解する時間がなくても、メルマガや記事を見て、単語や言葉を目にすることで、少しずつ、確実に知識の引き出しは少しずつ増えていきます。多くのことをして続かなくなるより、まずは1つのことから初めてみることをおすすめします。
おそらく医療関係者では知らない人はいないほど有名なサイトですし、安心して利用できるのでこちらから是非登録(無料です)してみてください。

スポンサーリンク

平成25年3月25日付承認医薬品です。
今回は新薬18成分を含む23品目でした。
ヘミン点滴静注(商品名:ノーモサング点滴静注250mg/シミックホールディングス)
※新有効成分含有医薬品
オーファンドラッグ

厚労省の未承認薬使用問題検討会議で取り上げられ、開発支援品目として助成金を受け開発された薬です。
効能・効果は「急性ポルフィリン症患者における急性発作症状の改善」。

ヘミンは鉄を含んだポルフィリンで、ヘムの前駆体やポルフィリン体の過剰産生を抑制し、症状を改善します。
海外では、31カ国で肝性ポルフィリン症患者に承認済みです。
ポルフィリン症はヘムの合成経路にかかわる酵素の遺伝子異常により、本来体内に蓄積されないはずのヘムの前駆体やポルフィリン体の過剰産生されてしまう疾患で、1920年から2008年の間に国内351例の報告があるそうです。

ポルフィリン症の急性症状として激しい腹痛や嘔吐、麻痺などがありますが、先にヘミンが発売されている欧米では、ヘミンが急性症状を改善することが知られています。
かねてより日本での発売が求められていた薬がやっと登場した形ですね。

  © 2014- ぴーらぼ inc.