読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

複数の紹介会社にまとめて登録可能なサイトです。スマホアプリもあるのでおすすめです。

リグロス歯科用液キット〜2016年8月4日医薬品第一部会審議品目①

平成28年8月4日、厚生労働省の薬食審・医薬品第一部会で6製品の承認が了承されました。 今回は、審議が行われた品目の中から、リグロス歯科用液キットについてまとめます。 薬局ではあまり馴染みがないかもしれませんが、進行した歯周炎による歯槽骨の欠損を…

ジプレキサ、ダイアート、グレースビット、グリベックなどに添付文書改訂指示

平成28年8月4日、厚生労働省医薬・生活衛生局は、新たな副作用が確認された医薬品について、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 今回は、ジプレキサ(成分名:オランザピン)による薬剤性過敏症症候群、ダイアートによる無顆粒球症と…

FDAによるフルオロキノロン系抗菌薬への警告

平成28年7月26日、米食品医薬品局(FDA)はフルオロキノロン系抗菌薬、いわゆるニューキノロン系抗菌薬への警告を強化するため、ラベル改定を了承したそうです。 対象となるのは全身用フルオロキノロンということで、内服薬と注射薬が対象で、点眼薬や点耳薬…

薬局で購入しておきたい書籍のまとめ

平成28年度の調剤報酬改定もひと段落して、対応した書籍が発売されてきていますね。 そんなわけで、個人的に購入しておこうと思う書籍をまとめてみます。

リウマトレックスとフォリアミン〜特殊な投与方法の理由は?

(2014年1月11日の記事でしたが、加筆修正を行いました) リウマトレックス(一般名:メトトレキサート)を服用している患者さんには、必ずではないですが、かなりの確率でフォリアミン(一般名:葉酸)が一緒に処方されています。 なぜ、葉酸を併用する必要…

レグナイト〜レストレスレッグスの適応を持つガバペンチンのプロドラッグ

(2012.7.10の記事でしたが、加筆修正を行いました。) ガバペンチンエナカルビル(商品名:レグナイト)がついに発売されました。 平成24年1月に承認は取得していたのですが、本日、平成24年7月10日、ついに発売です。 この薬の適応は「レストレスレッグス…

ハルナール・フリバス・ユリーフ〜前立腺肥大症に用いるα1ブロッカーの違い

今回は久しぶりに、普通に?薬についてまとめてみます。 タイトル通り前立腺肥大症(Benign Prostatic Hyperplasia:BPH)に用いるα1ブロッカーの違いについてです。 要はα1受容体サブタイプの選択性の比較です。 普段、泌尿器の処方を受けている方には当た…

ボルタレン消化管閉塞、ソバルディ・ハーボニー脳血管障害、ヴィキラックス急性腎不全など〜添付文書の改訂指示

平成28年7月5日、厚労省医薬・生活衛生局は、新たな副作用が確認された医薬品について、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 今回はボルタレン(成分名:ジクロフェナクナトリウム)による消化管の狭窄・閉塞、ベピオゲル・デュアック…

ピナトスカプセルが販売中止に〜ケタスカプセルのジェネリックがなくなります

武田テバ製薬は2017年3月末を持ってピナトスカプセル(成分名:イブジラスト)を販売中止することを発表しました。 これにより、イブジタスト製剤は先発医薬品のケタスカプセルのみになります。

テルシガンエロゾルが販売中止に〜短時間作用性抗コリン薬SAMA

ベーリンガーインゲルハイムの吸入薬テルシガンエロゾル100μg(成分名:オキシトロピウム臭化物)の販売中止がアナウンスされています。 最近はあまり触れることがありませんでしたが、短時間作用性抗コリン薬(SAMA:Short-Acting Muscarinic Antagonist)…

肝性脳症用抗菌薬リフキシマ錠は継続審議、新たな生物学的製剤が承認へ〜薬食審第二部会

平成28年5月30日、厚労省の薬食審・医薬品第二部会が開催され、4製品の承認の可否について審議しが行われました。 その結果、3製品については承認が了承されましたが、あすか製薬が申請した肝性脳症用抗菌薬リフキシマ錠(成分名:リファキシミン)は継続審…

ミカトリオとブリリンタは継続審議、2剤目のPCSK9阻害剤承認了承〜薬食審第一部会

平成28年5月27日、厚生労働省の薬食審医薬品第一部会が開催され、新薬など6製品の承認の可否について審議が行われました。 そのうち、4製品についての承認は了承されましたが、2製品は継続審議となってしましました。 継続審議となったのは、アストラゼネカ…

新たな後発医薬品が登場〜先発医薬品の新剤形やAGの追加も

平成28年6月16日付の官報で新規後発医薬品の薬価が告示されました。 平成28年6月17日から適用され、多くの品目が収載同時に販売開始予定です。 後発薬品として初めて収載されるのは、オランザピン、ボリコナゾール、ロピニロール塩酸塩、エンタカポン、カン…

ベゲタミンが販売中止に〜薬物乱用防止の観点から製造中止

ベゲタミンが販売中止になるそうです。 正直、今のご時世では新規に承認されることは難しい薬剤かもしれません。 もし、承認されるとすれば、一定の制限がかけられるんじゃないかと思います。 その効果の強さから「飲む拘束衣」と呼ばれていたり、「赤玉」と…

疑義解釈資料の送付について(その4)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑭

平成28年6月14日、疑義解釈その4が公開されました。 今回調剤部分については、医師の指示による分割調剤についてのみです。 その他、気になる部分と合わせてまとめてみます。

ザガーロカプセルの発売日決定〜新規AGA(男性型脱毛症)治療薬

平成28年9月28日に承認された国内2成分目のAGA治療薬ザガーロカプセル。 その成分は、前立腺肥大症治療薬であるアボルブカプセルと同じデュタステリドです。 昨年末に起きたアボルブカプセルの出荷調整により、平成28年11月24日に予定されていた発売日が延期…

ビスホスホネート系薬剤7成分に外耳道骨壊死など〜添付文書改訂指示

平成28年5月31日、厚労省医薬・生活衛生局は、新たな副作用が確認された医薬品について、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 ダイドロネル、ボナロン、フォサマック、アクトネル、ベネット、ボノテオ、リカルボン、ボンビバ等のビス…

アレリックスの販売中止〜簡単にループ利尿薬をおさらい

販売中止の記事が続きますね。 少し前ですが、アレリックス(一般名:ピレタニド)の販売中止が発表されています。 代替薬を考える流れでループ利尿薬について簡単におさらいしてみました。

プロヘパール配合錠の販売中止

今年は昔からある薬の販売中止が多い気がしますね。 プロヘパール配合錠が現在ある在庫がなくなり次第販売中止になるようです。 来年の3月に薬価基準から削除されるようです。

疑義解釈資料の送付について(その3)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑬

平成28年5月19日、疑義解釈その3が公開されました。 なんと、今回は調剤報酬点数表関係のみ。 それもかかりつけ薬剤師についてのみです。 先日、記事にした「医療に係る地域活動」の審査基準が正式に発表となりました。

EPARKさんのサイトでお薬コラムをはじめました

ブログの更新が滞ってしまっていてすいません。 みなさん、連休明けの忙しいお仕事もひと段落といったところと思います。 このたび、株式会社EPARKヘルスケアさまからお話をいただき、 EPARKくすりの窓口というサイトでコラムの連載を開始しました。 このブ…

薬局を辞めたい・・・連休明けに薬局に行くのが憂鬱な方へ

ゴールデンウィーク! みなさま、楽しくお過ごしでしょうか? CM等では、今年は最大10連休!何て言ってますけど、多くの薬局の方は5月3日〜5日の3連休なんじゃないかと思います。 あまり長いと休み明けがしんどい・・・とは思いますが、4連休くらいは欲しか…

初の3成分配合降圧薬ミカトリオは承認ならず、オクノベル・エピデュオゲルが承認了承

平成28年4月20日、厚生労働省の薬食審医薬品第一部会が開催され、新薬4製品の承認並びに2製品の適応追加についての審議が行われました。 そのうち、ミカトリオ配合錠については承認が了承されず、継続審議とされています。 国内初の3成分配合降圧剤の承認は…

疑義解釈資料の送付について(その2)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑫

ゴールデンウィーク直前の週ということで忙しかった薬局が多かったのではないでしょうか? やっと仕事を終えてネットを開いてみると、疑義解釈その2が公開されていますね。 今回はかなり少なめ。 ちゃっちゃとまとめてみます。

イグザレルト・リクシアナ・エクア・ラピアクタ等に添付文書改訂指示

平成28年4月21日、厚労省医薬・生活衛生局は、新たな副作用が確認された医薬品について、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 イグザレルト、リクシアナ、エクア、ラピアクタ、ガバペン、ディレグラ等に重大な副作用が追記されます。

エコノミークラス症候群のリスクとなる薬剤について

熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 まだ余震が続いており不安な状況が続いているとは思いますが、一日も早い復興・復旧をお祈りしています。 熊本地震の報道の中で、震災関連死の原因となるエコノミークラス症候群(旅行者血栓症)…

熊本地震(2016年)に関連して公開されている医療情報等のまとめ

熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 余震が続いており不安な状況が続いているとは思いますが、一刻も早く安心した生活に戻れるようお祈りしています。 今回は、少しでも役に立てるかもしれないものとして、震災に伴い無償提供されて…

「医療に係る地域活動」の審査基準が決定?~H28年(2016)調剤報酬改定⑪

かかりつけ薬剤師指導料の算定準備、基準調剤加算の算定準備を進めていたのに! 4月1日から算定可能と考えて、算定していたのに返金か!? 疑義解釈その1の公開以来、そんな声を上げている薬局の話を耳にしていました。 ネックとなっていた「医療に係る地域…

医師の指示による分割調剤の先に日本版リフィル処方箋が見える?~H28年(2016)調剤報酬改定⑩

調剤報酬改定が実施され、皆さん忙しい業務に追われているのではないでしょうか? お薬手帳については、クレームとまではいきませんが、不満を訴える方もいますね。 「お薬手帳があったほうが安くなるだなんて、持たないっていう選択を否定されたようなもん…

先発医薬品でも後発医薬品でもない基礎的医薬品とその扱いについて〜H28年(2016)薬価基準改定①

今回は診療報酬改定ではなく、薬価基準改定についてまとめて見ます。 この4月から新設された基礎的医薬品というものはご存知でしょうか? 3月までは安かった後発医薬品が、4月からは先発医薬品と同じ薬価になっていたり、後発医薬品数量シェアの計算式から除…

疑義解釈資料の送付について(その1)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑨

明日からいよいよ調剤報酬改定後の業務が始まります。 皆さん、準備は万端でしょうか? 木曜日の午後、明日に備えて一休み・・・というところに公開された疑義解釈その1。 薬局に関する部分についてまとめてみます。 各記事の更新は後日ということで・・・。

かかりつけ薬剤師指導料をどう考える?~H28年(2016)調剤報酬改定⑧

いよいよ明日に始まる調剤報酬改定。 今回改定の目玉、かかりつけ薬剤師についてまとめます。 今回はまず、かかりつけ薬剤師指導料についてです。

服薬情報等提供料に期待!調剤後の患者への継続的なケアへ~H28年(2016)調剤報酬改定⑦

いよいよ、明後日から改定後の対応が開始となります。 どの薬局も最後の対応に追われているころじゃないかと思います。 今日は服薬情報等提供料についてまとめます。

特定薬剤管理指導加算と乳幼児服薬指導加算の改定がプラス改定なのは見た目だけ?〜H28年(2016)調剤報酬改定⑥

いよいよ、来週の金曜日から、診療報酬ならびに調剤報酬改定が適用されます。 みなさん、だいたい準備は終わっているんじゃないかなと思います。 疑義解釈については4月に入ってから公開されると思うので、まだ詳細がはっきりしない部分もありますが、スムー…

薬局を辞めたい!転職したい!と悩んでいるなら行動してみては?

少し前に転職や退職をテーマとした記事を書きましたが、今回も少し書いてみようと思います。 薬局を辞めたい辞めたい・・・と悩んではいるけれど・・・。 長い時間、悩み続けている人いませんか? 悩んでいるのはやはり辛いことですし、そんなストレスを抱え…

湿布薬の適正使用 1回70枚の処方制限とレセプトへ一日用量・投与日数記載〜H28年(2016)診療報酬改定

平成28年診療報酬改定、今回は医科も含めた調剤報酬改定・調剤報酬改定の範囲です。 平成28年4月から一度に処方できる湿布の枚数は70枚までになります。 また、レセプトには湿布薬を一日何枚使用するか、もしくは処方された湿布薬が何日分に相当するかを記載…

ロキソニンで腸閉塞・ラシックスで間質性肺炎など~添付文書改訂指示

平成28年3月22日、厚労省医薬・生活衛生局は、新たな副作用について、医療従事者に注意を促すため添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知しました。 今回訂正が行われる予定の中で、薬局として注目したいのは、ロキソニン、ラシックス、ベタニスに…

重複投薬・相互作用等防止加算は何が変わる?~H28年(2016)調剤報酬改定⑤

引き続き、厚生労働省が平成28年3月4日に説明会を行った平成28年度診療報酬改定についてです。 今回は薬学管理料のうち、重複投薬・相互作用等防止加算についてまとめたいと思います。 これまでの重複投薬・相互作用防止加算から改定後は重複投薬・相互作用…

レフトーゼ・ノイチーム・アクディーム・エンピナース・イソパールの販売中止・自主回収が決定

平成28年3月17日、薬事・食品衛生審議会医薬品再評価部会で、リゾチーム塩酸塩製剤、プロナーゼ製剤についての再評価に関する審議が行われました。 その結果、「現在の医療環境においては本剤の医療上の有用性は低下したと考えられ、現時点での医療上の有用…

薬剤服用歴管理指導料はプラス改定?お薬手帳がある方が安くなる?~H28年(2016)調剤報酬改定④

引き続き、厚生労働省が平成28年3月4日に説明会を行った平成28年度診療報酬改定についてです。 今回は薬剤服用歴管理指導料、いわゆる薬歴管理料についてです。 薬歴管理料は、 半年以内に来局したことがあるかどうか お薬手帳を持参しているかどうか 調剤基…

薬剤師の転職〜どうしてもこの薬局を辞めたい!と思ったときに

皆さん、調剤報酬改定の情報収集は進んでいますか? 今日はいつもと違うテーマの記事です。 この次期になると聞こえてくるのが転職の話。 後輩や友人から相談されることもありますが、このブログの読者から相談されることも多いです。 何で相談されるかとい…

特例除外にはかかりつけ薬剤師の指導を月100回?~2016年調剤報酬改定について厚生労働省が資料を公開

平成28年3月4日、厚生労働省は、2016年度診療報酬・調剤報酬改定についての資料や通知等を公開しました。 これにより、平成28年4月に実施される調剤報酬改定について、さらに詳細な内容が明らかになりました。 それに合わせて、過去記事にも修正を加えました…

ボノサップパック・ボノピオンパック~タケキャブを含むピロリ除菌パック製剤

平成28年2月16日、武田薬品工業と大塚製薬は、カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(Potassium-Competitive Acid Blocker:P-CAB)であるタケキャブ錠(成分名:ボノプラザン)を含むHelicobacter pylori除菌用パック製剤の製造販売承認を取得したと発表…

後発医薬品調剤体制加算など後発品についての改定~H28年(2016)調剤報酬改定③

平成28年2月10日、第328回中央社会保険医療協議会(中医協)総会で公開された、平成28年度診療報酬改定案についてです。 ※さらに、平成28年3月4日に厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての説明会を行いました。 今回は後発医薬品の推進に関する改定つ…

コントミン糖衣錠の回収

平成28年2月17日、コントミン糖衣錠(成分名:クロルプロマジン塩酸塩)の回収がアナウンスされました。 今回、回収の対象となるのは、 コントミン糖衣錠12.5mg コントミン糖衣錠25mg コントミン糖衣錠50mg コントミン糖衣錠100mg コント…

基準調剤加算には管理薬剤師に対する規定も~H28年(2016)調剤報酬改定②

昨日に引き続き、平成28年2月10日、第328回中央社会保険医療協議会(中医協)総会で公開された、平成28年度診療報酬改定案についてです。 ※さらに、平成28年3月4日に厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての説明会を行いましたので、それに合わせて修…

細分化される調剤基本料~H28年(2016)調剤報酬改定①

平成28年2月10日、第328回中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、平成28年度診療報酬改定案が答申されました。 ※さらに、平成28年3月4日に厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての説明会を行いましたので、それに合わせて修正を加えました…

特例拡大再算定と市場拡大再算定~4月薬価改定前に在庫を絞っておきたい品目

4月の診療報酬改定、調剤報酬改定まで2か月を切りました。 4月には薬価改定も行われます。 診療報酬改定の概要で発表されているように、改定後の薬価は-1.22%の引き下げとなります。 平成26年が-0.63%(消費税増税分を除外すると-1.36%)、平成24年が…

サインバルタに慢性腰痛症の適応追加など複数の適応追加についての承認了承

平成28年2月5日、厚労省の薬食審医薬品第一部会が開催され、4製品の適応追加についての審議が行われ、すべて承認することで了承されました。 今回の目玉の一つがセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI:Serotonin & Norepinephrine Reuptake I…

平成28年度診療報酬改定の個別改定項目の要件案が公開~調剤報酬以外の部分

平成28年1月27日に開催された第325回中医協(中央社会保険医療協議会)総会。 前回の記事では調剤報酬改定についての算定要件案についてまとめました。 今回は、調剤報酬以外の部分。 診療報酬(医科)のうち薬局に係る部分や、そのほかについてまとめてみま…