薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

診療報酬改定

居宅療養管理指導費に関するQ&Aについて〜平成30年度介護報酬改定

4月を過ぎ、平成30年度の調剤報酬改定への対応もすっかり終わったところと思います。 今回の改定では介護報酬の改定も同時に行われました。 在宅を行なっている薬局は、こちらへの対応にも追われたことと思います。 今回は介護報酬版の疑義解釈とも言えるQ&A…

在宅の考え方は同一建物から単一建物に〜診療報酬と介護報酬のダブル改定

平成30年度(2018年度)の在宅に関する改定についてまとめます。 今回は調剤報酬だけでなく介護報酬の改定も行われるダブル改定です。 これでほとんど統一されるかと思いきや、そうでない部分も意外とあります。 在宅患者訪問薬剤管理指導料等の調剤報酬にお…

後発医薬品調剤体制加算の改定〜目指せジェネリック数量シェア80%!(H30.4.3修正)

平成30年度(2018年度)調剤報酬改定での後発医薬品に関する改定についてまとめます。 後発医薬品に関する改定の主な内容は以下の通りです。 後発医薬品調剤体制加算が2段階→3段階に 算定に必要なGE数量%のアップ 新設される後発医薬品調剤体制加算3は今ま…

平成30年度調剤報酬改定の最終チェック〜届出書類・レセコン設定

(この記事は平成30年4月1に投稿したものなので、平成30年度診療報酬改定に関する施設基準の届出はすでに締め切られています) 明日からいよいよ調剤報酬改定後の業務が始まりますね。 (一部の方は今日から始まってますね。お疲れ様です。) みなさん準備は…

疑義解釈資料の送付について(その1)

いよいよ来週から改定!という週末になって疑義解釈その1が公開されましたね・・・。 疑義解釈資料の送付について(その1)/事務連絡 平成30年3月30日 棚卸準備で疲れた体に鞭打ちながら読んでみました。 今回、一番のサプライズとも言えるのは服薬情報等提…

薬剤服用歴管理指導料の改定〜非常に厳しい特例の新設と記載項目の変更

平成30年度(2018年度)調剤報酬改定での薬剤服用歴管理指導料に関する改定についてまとめます。 薬歴に関する改定の主な内容は以下の通りです。 薬剤服用歴管理指導料 平成28年度 平成30年度 1(6ヶ月以内) 38点 41点↑ 2(1以外) 50点 53点↑ 3(特別…

地域支援体制加算の新設〜基準調剤加算と比較して薬局の未来を考える

平成30年3月5日、厚生労働省は平成30年度診療報酬改定説明会を開催し、関連する告示、通知を同日付けで発出しました。 これにより、平成30年度調剤報酬改定の内容のほとんどが明確になりました。 今回は、基準調剤加算の廃止に伴い新設される地域支援体制加…

調剤基本料は敷地内薬局・チェーン薬局・医療ビル(モール)などを対象とした内容が追加〜H30年度調剤報酬改定

平成30年2月7日、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2018年度診療報酬改定案を了承し、加藤勝信厚生労働相に答申しました。 個別の改定項目については少しずつまとめて行こうと思います。 今回は調剤基本料についてまとめます。

平成30年度調剤報酬改定の個別改定項目の要件案が公開(2/7答申後に修正)

平成30年1月24日に開催された第386回中医協(中央社会保険医療協議会)総会。 ついに、平成30年度調剤報酬改定(診療報酬改定)の個別改定項目ならびにその算定要件案、いわゆる短冊が公開されました。 点数や具体的な数字はまだ決定していませんが、大まか…

平成30年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理を元に色々と考察してみる

年も明け、いよいよ本格化していく診療報酬改定(調剤報酬改定)に関する議論。 1月12日にはこれまでの議論をまとめたものが公開されています。 その中で薬局に関連する部分について抽出し、個人的な考えをまとめてみようと思います。

平成30年度調剤報酬改定についての情報まとめ

あけましておめでとうございます。 遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。 さて、今年は診療報酬改定の年ですね。 昨年秋から議論が進んでいる診療報酬改定について、これから一気に詳細が決定して行くと思われます。 今回の改定はかなり厳…

認知症治療の少量投与と一般名処方の銘柄名併記について(疑義解釈その11)~H28年(2016)調剤報酬改定⑯

平成29年5月26日に疑義解釈その11が公開されています。 疑義解釈その10は薬局に関連する内容がなかったので取り上げませんでした。 今回も調剤報酬についての内容はありませんでした。 ですが、認知症治療薬の少量投与や一般名処方への銘柄併記についてなど…

かかりつけ薬剤師に関する研修認定の届出や調剤ポイントの広告について(疑義解釈その9)~H28年(2016)調剤報酬改定⑯

まだまだ更新できない日が続いていて申し訳有りません。 そろそろ少しずつ更新が再開できると思います。 平成29年2月23日に疑義解釈その9が公開されています。 疑義解釈その8は薬局には基本的に関係なかったので、特に取り上げませんでした。 今回はかかりつ…

疑義解釈資料の送付について(その7)で基礎的医薬品の変更調剤が明確に~H28年(2016)調剤報酬改定⑮

みなさん、4月から改定となった診療報酬・調剤報酬にもすっかり慣れて業務を行っていることと思います。 そんななか、平成28年9月15日に疑義解釈その7が公開となりました。 疑義解釈その5、その6は薬局には基本的に関係なかったので、特に取り上げません…

疑義解釈資料の送付について(その4)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑭

平成28年6月14日、疑義解釈その4が公開されました。 今回調剤部分については、医師の指示による分割調剤についてのみです。 その他、気になる部分と合わせてまとめてみます。

疑義解釈資料の送付について(その3)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑬

平成28年5月19日、疑義解釈その3が公開されました。 なんと、今回は調剤報酬点数表関係のみ。 それもかかりつけ薬剤師についてのみです。 先日、記事にした「医療に係る地域活動」の審査基準が正式に発表となりました。

疑義解釈資料の送付について(その2)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑫

ゴールデンウィーク直前の週ということで忙しかった薬局が多かったのではないでしょうか? やっと仕事を終えてネットを開いてみると、疑義解釈その2が公開されていますね。 今回はかなり少なめ。 ちゃっちゃとまとめてみます。

「医療に係る地域活動」の審査基準が決定?~H28年(2016)調剤報酬改定⑪

かかりつけ薬剤師指導料の算定準備、基準調剤加算の算定準備を進めていたのに! 4月1日から算定可能と考えて、算定していたのに返金か!? 疑義解釈その1の公開以来、そんな声を上げている薬局の話を耳にしていました。 ネックとなっていた「医療に係る地域…

医師の指示による分割調剤の先に日本版リフィル処方箋が見える?~H28年(2016)調剤報酬改定⑩

調剤報酬改定が実施され、皆さん忙しい業務に追われているのではないでしょうか? お薬手帳については、クレームとまではいきませんが、不満を訴える方もいますね。 「お薬手帳があったほうが安くなるだなんて、持たないっていう選択を否定されたようなもん…

先発医薬品でも後発医薬品でもない基礎的医薬品とその扱いについて〜H28年(2016)薬価基準改定①

今回は診療報酬改定ではなく、薬価基準改定についてまとめて見ます。 この4月から新設された基礎的医薬品というものはご存知でしょうか? 3月までは安かった後発医薬品が、4月からは先発医薬品と同じ薬価になっていたり、後発医薬品数量シェアの計算式から除…

疑義解釈資料の送付について(その1)が公開~H28年(2016)調剤報酬改定⑨

明日からいよいよ調剤報酬改定後の業務が始まります。 皆さん、準備は万端でしょうか? 木曜日の午後、明日に備えて一休み・・・というところに公開された疑義解釈その1。 薬局に関する部分についてまとめてみます。 各記事の更新は後日ということで・・・。

かかりつけ薬剤師指導料をどう考える?~H28年(2016)調剤報酬改定⑧

いよいよ明日に始まる調剤報酬改定。 今回改定の目玉、かかりつけ薬剤師についてまとめます。 今回はまず、かかりつけ薬剤師指導料についてです。

服薬情報等提供料に期待!調剤後の患者への継続的なケアへ~H28年(2016)調剤報酬改定⑦

いよいよ、明後日から改定後の対応が開始となります。 どの薬局も最後の対応に追われているころじゃないかと思います。 今日は服薬情報等提供料についてまとめます。

特定薬剤管理指導加算と乳幼児服薬指導加算の改定がプラス改定なのは見た目だけ?〜H28年(2016)調剤報酬改定⑥

いよいよ、来週の金曜日から、診療報酬ならびに調剤報酬改定が適用されます。 みなさん、だいたい準備は終わっているんじゃないかなと思います。 疑義解釈については4月に入ってから公開されると思うので、まだ詳細がはっきりしない部分もありますが、スムー…

湿布薬の適正使用 1回70枚の処方制限とレセプトへ一日用量・投与日数記載〜H28年(2016)診療報酬改定

平成28年診療報酬改定、今回は医科も含めた調剤報酬改定・調剤報酬改定の範囲です。 平成28年4月から一度に処方できる湿布の枚数は70枚までになります。 また、レセプトには湿布薬を一日何枚使用するか、もしくは処方された湿布薬が何日分に相当するかを記載…

重複投薬・相互作用等防止加算は何が変わる?~H28年(2016)調剤報酬改定⑤

引き続き、厚生労働省が平成28年3月4日に説明会を行った平成28年度診療報酬改定についてです。 今回は薬学管理料のうち、重複投薬・相互作用等防止加算についてまとめたいと思います。 これまでの重複投薬・相互作用防止加算から改定後は重複投薬・相互作用…

薬剤服用歴管理指導料はプラス改定?お薬手帳がある方が安くなる?~H28年(2016)調剤報酬改定④

引き続き、厚生労働省が平成28年3月4日に説明会を行った平成28年度診療報酬改定についてです。 今回は薬剤服用歴管理指導料、いわゆる薬歴管理料についてです。 薬歴管理料は、 半年以内に来局したことがあるかどうか お薬手帳を持参しているかどうか 調剤基…

特例除外にはかかりつけ薬剤師の指導を月100回?~2016年調剤報酬改定について厚生労働省が資料を公開

平成28年3月4日、厚生労働省は、2016年度診療報酬・調剤報酬改定についての資料や通知等を公開しました。 これにより、平成28年4月に実施される調剤報酬改定について、さらに詳細な内容が明らかになりました。 それに合わせて、過去記事にも修正を加えました…

後発医薬品調剤体制加算など後発品についての改定~H28年(2016)調剤報酬改定③

平成28年2月10日、第328回中央社会保険医療協議会(中医協)総会で公開された、平成28年度診療報酬改定案についてです。 ※さらに、平成28年3月4日に厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての説明会を行いました。 今回は後発医薬品の推進に関する改定つ…

基準調剤加算には管理薬剤師に対する規定も~H28年(2016)調剤報酬改定②

昨日に引き続き、平成28年2月10日、第328回中央社会保険医療協議会(中医協)総会で公開された、平成28年度診療報酬改定案についてです。 ※さらに、平成28年3月4日に厚生労働省が平成28年度診療報酬改定についての説明会を行いましたので、それに合わせて修…