薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

調剤(保険)薬局の薬剤師が脳内で考えていることや仕事の中で得た知識をまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

医薬品流通

コカールドライシロップ40%・コカール小児用ドライシロップ20%・アルピニー坐剤100の出荷調整(H29年9月)

三和化学研究所のアセトアミノフェン製剤である コカールドライシロップ40% コカール小児用ドライシロップ20% アルピニー坐剤100 の3製品の新規採用が自粛されるという案内が配布されています。

アセトアミノフェン(AA)原薬に関する報道について

平成29年6月22日、国内の医薬品原薬メーカーである山本化学工業が承認内容と異なる方法で製造したアセトアミノフェンを流通させていたことが報道されました。 山本化学工業は国内のアセトアミノフェンのシェアの80%を占めており、またアセトアミノフェン自…

ハーボニー配合錠の自主回収〜平成29年6月8日

平成29年6月8日、C型肝炎治療薬ハーボニー配合錠(成分名:レジパスビル/ソホスブビル配合錠)の自主回収が発表されました。 レジパスビルの含量が承認の範囲をわずかに上回っていることによる回収のようです。 服用による健康被害の可能性は極めて低いので…

ラニラピッド®︎錠0.1mgが出荷停止に

平成29年5月16日、中外製薬は強心配糖体製剤であるラニラピッド®︎錠0.1mg(成分名:メチルジゴキシン)が出荷停止となることを発表しました。 代替薬には、別規格のラニラピッド®︎錠0.05mgが案内されています。

ニポラジンシロップとゼスランシロップの自主回収〜平成29年4月14日

平成29年4月14日、ニポラジン小児用シロップとゼスラン小児用シロップ(成分名:メキタジン)の自主回収が発表されました。 ゼスラン小児用シロップの安定性モニタリングの純度試験で類縁物質(メキタジンの主代謝物)が規格上限に近いものが発見されたこと…

リンデロンVクリームの自主回収〜平成29年4月13日

平成29年4月13日、リンデロンVクリーム(成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル)の自主回収が発表されました。 長期安定性試験においてpHが承認範囲外となってしまったためですが、該当するロットの出荷時期が2014年だったので多くの薬局(ある程度使用してい…

タケプロンOD錠15mgの自主回収〜平成29年3月8日

平成29年3月8日、タケプロンOD錠15(成分名:ランソプラゾール)の自主回収が発表されました。 バラ包装の中の1錠に髪の毛が混入しているのが発見されたため、該当ロットの回収となっています。

アピドラ注の自主回収

平成28年11月6日、アピドラ注の自主回収が発表されました。 一部商品で類縁物質の含量が基準上限を上回りそうだったため、可能性のあるロット全てを自主回収するそうです。 類縁物質は元々製剤内で発生することがわかっているものです。 また、現時点で基準…

ロヒプノール錠(白色素錠、旧剤形)の自主回収

平成28年10月17日、中外製薬が「ロヒプノール錠 白色素錠の自主回収に関するお知らせ」を公開しています。 ロヒプノールは、昨年、白色素錠から淡青色フィルムコーティング錠に剤形変更が行われています。

ザクラス配合錠HD/LDの自主回収〜平成28年9月16日

週末にザクラス配合錠の自主回収に関する情報が公開されていました。 武田薬品工業とPMDAが情報を公開しています。 ザクラス配合錠LDの中にザクラス配合錠HDが入っているものが見つかったためとのことです。

経腸栄養剤の味のまとめ〜エンシュア・Hにイチゴ味追加

平成28年8月25日、エンシュアHに新フレーバーが追加となりました。 ついに・・・というかやっと?ストロベリー味が追加ですね。 エンシュアリキッドの方には昔からあったイチゴ味ですが、エンシュアHの方にも追加になります。

第一世代抗ヒスタミン薬ベナ錠、ベネン錠の販売中止〜パッペンKパップ60mgも販売中止に

また販売中止の記事になります。 平成28年8月末、ベナ錠が年内をもって販売中止となることが佐藤製薬から発表されました。 ベネン錠、パッペンKパップ60mgも販売中止になると合わせて発表されています。

ブロチンシロップ、濃厚ブロチンコデイン配合シロップ、サリパラ・コデイン液の販売中止

ご存知の方には今更だと思うのですが・・・。 ブロチン配合シロップの二つが販売中止になるんですね。 今年の1月には発表されていたのでよく使っている方はとっくに知っている話だとは思います。

トクレススパンスールカプセルの自主回収(平成28年8月24日付)

平成28年8月24日付でとクレススパンスールカプセル(成分名:ペントキシベリンクエン酸塩)の自主回収が案内されています。 長期安定性試験1年目の溶出試験で、4時間値が溶出試験の上限を外れてしまったようです。 ただ、2時間値及び24時間値は範囲内で…

ピナトスカプセルが販売中止に〜ケタスカプセルのジェネリックがなくなります

武田テバ製薬は2017年3月末を持ってピナトスカプセル(成分名:イブジラスト)を販売中止することを発表しました。 これにより、イブジタスト製剤は先発医薬品のケタスカプセルのみになります。

テルシガンエロゾルが販売中止に〜短時間作用性抗コリン薬SAMA

ベーリンガーインゲルハイムの吸入薬テルシガンエロゾル100μg(成分名:オキシトロピウム臭化物)の販売中止がアナウンスされています。 最近はあまり触れることがありませんでしたが、短時間作用性抗コリン薬(SAMA:Short-Acting Muscarinic Antagonist)…

ベゲタミンが販売中止に〜薬物乱用防止の観点から製造中止

ベゲタミンが販売中止になるそうです。 正直、今のご時世では新規に承認されることは難しい薬剤かもしれません。 もし、承認されるとすれば、一定の制限がかけられるんじゃないかと思います。 その効果の強さから「飲む拘束衣」と呼ばれていたり、「赤玉」と…

アレリックスの販売中止〜簡単にループ利尿薬をおさらい

販売中止の記事が続きますね。 少し前ですが、アレリックス(一般名:ピレタニド)の販売中止が発表されています。 代替薬を考える流れでループ利尿薬について簡単におさらいしてみました。

プロヘパール配合錠の販売中止

今年は昔からある薬の販売中止が多い気がしますね。 プロヘパール配合錠が現在ある在庫がなくなり次第販売中止になるようです。 来年の3月に薬価基準から削除されるようです。

レフトーゼ・ノイチーム・アクディーム・エンピナース・イソパールの販売中止・自主回収が決定

平成28年3月17日、薬事・食品衛生審議会医薬品再評価部会で、リゾチーム塩酸塩製剤、プロナーゼ製剤についての再評価に関する審議が行われました。 その結果、「現在の医療環境においては本剤の医療上の有用性は低下したと考えられ、現時点での医療上の有用…

コントミン糖衣錠の回収

平成28年2月17日、コントミン糖衣錠(成分名:クロルプロマジン塩酸塩)の回収がアナウンスされました。 今回、回収の対象となるのは、 コントミン糖衣錠12.5mg コントミン糖衣錠25mg コントミン糖衣錠50mg コントミン糖衣錠100mg コント…

リゾチーム製剤の慢性副鼻腔炎適応削除~消炎酵素製剤の承認取り消しの流れ

平成27年12月2日、あすか製薬、エーザイ、サンノーバ、シオエ製薬、日本新薬の各社は、平成27年5月29日に行った承認申請が、平成27年12月11日ごろに、予定通り承認される見込みであることを公表しました。 これにより、アクディーム/ノイチーム/レフトーゼ(…

バイアスピリンの自主回収~平成27年12月1日

平成27年12月1日、バイエル薬品はバイアスピリン錠100mgについて自主回収を行うことを発表しました。

アボルブカプセルの出荷調整とザガーロカプセルの発売延期

グラクソ・スミスクライン(GSK)が販売している前立腺肥大症治療薬であるアボルブカプセルの出荷調整、同成分を含む男性型脱毛症治療薬として発売が決定していたザガーロカプセルの発売延期が決定しました。 どちらも主成分はデュタステリド。 フランスの工…

抗真菌外用薬ルリコン・アスタットが相次いで回収に

平成27年10月27日、抗真菌薬であるルリコン(一般名:ルリコナゾール、ポーアファーマ)、アスタット(一般名:ラノコナゾール、マルホ)の自主回収が発表されました。 ルリコンは一部ロットの回収で問題ないロットも存在しますが、アスタットに関しては全LO…

エリミンが発売中止に!

ベンゾジアゼピン系睡眠薬であるエリミン(一般名:ニメタゼパム)の製造中止がアナウンスされました。 平成27年11月をもって大日本住友製薬からの出荷が停止されるようです。

メルカゾールとプロパジールがあすか製薬の製品に

メルカゾール(一般名:チアマゾール)にプロパジール(一般名:プロピルチオウラシル)。 特にメルカゾールは誰もが触れたことのある薬剤なのではないでしょうか? どちらも中外製薬が販売している製品ですが、これがあすか製薬の製品に変わります。

セロクラール錠の自主回収

平成27年9月11日から、セロクラール錠10mg、セロクラール錠20mg両方の自主回収が開始されています。 なお、セロクラール細粒4%については問題ないようです。

テノゼット錠300mgの出荷調整

日薬ニュースでも配信されていましたが、テノゼット錠300mgに出荷調整がかかっています。 平成27年8月12日に起きた中国天津浜海新区倉庫爆発事故による影響で、グラクソ・スミスクライン天津工場が被害を受けたため、テノゼット錠の製造・出荷が停止している…

ナフトピジル錠「あすか」が出荷調整に?

フリバスの後発医薬品として今年発売開始になったナフトピジル錠/OD錠「あすか」に出荷調整がかかっているとのことです。

ドレニゾンテープの欠品

日薬ニュースで配信されていたのでご存知の方も多いと思いますが、ドレニゾンテープ4μg/㎠が欠品中になっています。

クレストールのPTPシート変更

久しぶりにアストラゼネカのMRちゃんがやって来ました。 もうご存知かもしれませんが・・・と渡されたのはクレストールのPTP包装の変更案内でした。 やったー! 聞かれた方はみなさん喜んだんじゃないでしょうか?

イーケプラドライシロップ50%とイーケプラ錠500mgの自主回収

平成27年7月27日付でイーケプラドライシロップ50%とイーケプラ錠500mgの自主回収が報告されています。

サイレースとロヒプノールが青くなる!?

向精神薬第2類として、流通や管理が厳しく規制されているサイレース、ロヒプノール(一般名:フルニトラゼパム)。 今回、包装変更だけでなく、錠剤が変更されることになります。 錠剤が青くなります。

ユニフィルLA錠200mgの自主回収

平成27年6月26日付でユニフィルLA錠200mgの自主回収が発表されています。 http://www.otsuka-elibrary.jp/var/02/information/uni20150626.pdf

参天製薬のリボスチン点眼液0.025%が出荷停止

参天製薬のリボスチン点眼液0.025%(一般名:レボカバスチン塩酸塩)が出荷停止となったという情報が入ってきました。 工場のラインの不具合ということで、製造困難のための出荷停止のようです。

プロパデルム軟膏とプロパデルムクリームが販売中止~長く使用されたステロイド製剤が製造終了に

自分の薬局には在庫していないんですが、聞いた瞬間、思わず、「え!?」と叫んでしまいました。 2015年8月をもって、プロパデルム軟膏0.025%とプロパデルムクリーム0.025%(一般名:ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)が販売中止となります。

リオベル配合錠LDの自主回収

今日のお昼のNHKニュースでも報道されたようですが、リオベル配合錠LD(一般名:アログリプチン安息香酸塩/ピオグリタゾン塩酸塩配合錠)の自主回収が案内されています。 在庫している薬局の方には、卸さんや武田薬品から案内が届いているのではないかと思い…

バラクルード錠0.5mg(エンテカビル)の貯法変更(遮光保存)と交換情報

現在、B型肝炎治療薬として広く使用されているバラクルード錠0.5mg(一般名:エンテカビル)の貯法は「室温保存」のみの記載となっていますが、「遮光保存」が加わることになりました。 長時間光に当たった場合に錠剤が変色することに加え、純度試験(類縁物…

ツムラの医療用漢方製剤の包装変更

日本における医療用漢方エキス製剤の代表的メーカーと言えばツムラだと思います。 そんな、ツムラの医療用漢方エキス製剤の包装が大きく変更になり、平成27年5月より順次出荷となるようです。

ジゴキシン錠0.0625「KYO」の発売

平成27年1月21日、ジゴキシン錠の新規格、ジゴキシン錠0.0625「KYO」が発売されました。 これに伴い、ハーフジゴキシンKY錠0.125を半割しても自家製剤加算は取れなくなったので注意が必要です。

リクシアナ錠15mg・30mgの流通不足について

2014年12月8日に60mgの新剤型が発売されたリクシアナ錠(一般名:エドキサバン)。 2014年9月26日に、「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制」及び「静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制…

ネオメドロールEE軟膏の一時製造中止による影響

すでにご存知の方も多いかと思いますが、ネオメドロールEE軟膏(一般名:フラジオマイシン硫酸塩・メチルプレドニゾロン配合軟膏)が一時製造中止となっています。 この影響を受け、他のステロイド含有眼軟膏も出荷調整に入っています。

レルベア200エリプタ14吸入用が出荷調整

12月1日から新薬投与日数制限が解除され、長期投与が可能となったレルベア(一般名:ビランテロール/フルチカゾン)。 解除と同時に30吸入用(30日分)も発売となっています。 その直後にレルベア200エリプタ14吸入用の生産が間に合わず出荷調整に入ったという…