薬剤師の脳みそ〜くすりと医療制度

調剤(保険)薬局の薬剤師が日々の仕事の中で得た知識や新薬についての勉強、問題を解決する際に脳内で考えていることについてまとめるblogです。できるだけ実用的に、わかりやすく、実際の仕事に活用できるような情報になるよう心がけていきます。基本的に薬剤師または医療従事者の方を対象としています。

レセプト・診療報酬

新医薬品の投与日数(処方日数)制限一覧(平成30年12月1日更新)

新薬の投与日数(処方日数)制限一覧についてまとめます。 平成30年12月1日からイブランスカプセル、マヴィレット配合錠、ルパフィン錠10mg、レクタブル2mg注腸フォーム14回は投与制限が解除され、長期投与が可能となりました。

レセプト摘要欄への記載が必要な事例(平成30年10月20日修正)

平成30年3月26日に保医発0326第5号『「診療報酬請求書等の記載要領等について」等の一部改正について』が公開されました。 その中から、「レセプト摘要欄への記載項目」に関する部分ついてまとめました。 レセプト請求はほぼ完全に電子化しており、メーカー…

高額療養費と現物給付〜制度の概要と薬局での対応について(平成30年8月変更)

(平成27年1月21日付の記事でしたが最新の情報に合わせて修正しました) 平成30年8月より70歳以上の方の高額療養費の区分が変更になりました。 現物給付についても少々ややこしいことになりそうです。 この記事では高額療養費に関して、過去の変更部分と現物…

医療用麻薬と向精神薬の投与日数制限(処方日数制限)

医療用麻薬、向精神薬、新薬については投与日数制限(処方日数制限)が定められています。 この記事では医療用麻薬と向精神薬の投与期間上限についてまとめます。 平成30年6月時点での内容です。

局方品は銘柄変更不可!?〜局方品には後発医薬品が存在しない?(修正版)

(元々は平成27年6月18日に作成した記事です) 処方せんにはプレドニゾロン錠5mg「三和」が記載されていました。 でも、うちの薬局に在庫しているプレドニゾロン錠5mgは、 プレドニゾロン錠5mg「タケダ」 プレドニゾロン錠5mg「旭化成」 プレドニン錠5mg の3…

【後期高齢者】高齢者の医療保険について整理してみる【高齢受給者証】(修正)

(元々は平成27年1月17日に公開した記事でしたが、加筆修正を行いました) 高齢者の保険に関して後輩から質問を受けることが多いです。 たしかに慣れないうちはわかりにくいかもしれません。 特定医療費の詳しい話をまとめる前に高齢者の医療保険を中心に医…

デパス(エチゾラム)とアモバン(ゾピクロン)が向精神薬に!

かねてより話題になっていたので、ご存知の方も多いと思います。 平成28年9月14日、麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正する省令が公布されました。 今回の改正で、ついにエチゾラムとゾピクロンが向精神薬に指定されます。

四国厚生局が平成26年度に実施した個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項を公開

四国厚生局が平成26年度に実施した個別指導において保険医療機関等に改善を求めた主な指摘事項を公開しています。 基本的なことからなかなか厳しいなあといったところまで、様々な内容が挙げられています。 自身の薬局業務を見直すいい機会なので、目を通し…

ソバルディは28日まで投与可能?~新薬処方日数制限の例外

前回の記事にも書きましたが、平成27年5月20日に薬価収載される新医薬品のうち、3品目について新薬処方制限の例外が適用されています。ソバルディ等の薬価が決定~平成27年5月20日薬価収載予定の医薬品について - 薬剤師の脳みそ~薬局薬剤師の勉強ブログ~

指定難病の選定状況4~第2次指定難病196疾患が選定

少し前になりますが、平成27年3月19日、第11回指定難病検討委員会が開催され、候補の615疾患中196疾患を指定難病とすべきという委員会の結論が出されました。 パブリックコメントの募集などを経て、7月から医療費助成が開始される予定です。

指定難病の選定状況3~さらに44疾患の選定・390疾患の除外が決定

平成27年3月9日、医療費助成の対象となる指定難病を選定する「指定難病検討委員会(第10回)」が開催され、自己免疫性疾患や血液疾患などの44疾患を指定難病とすることが了承されました。 これで今までのものと合わせて、計171疾患が選定されたことになりま…

指定難病の選定状況2~さらに43疾患を選定

先日、指定難病の選定状況についてまとめたところでしたが、平成27年2月18日に第9回指定難病検討委員会が開催され、さらに43疾患が指定難病として了承されました。 今年の7月までに約200疾患が選定される予定で、これで現在のところ127疾患が選定されたこと…

指定難病の選定状況~指定難病と特定疾患

平成27年2月4日、第7回指定難病検討委員会が開催され、新たに41疾患が指定難病として了承されました。 さらに、2月13日には、第8回指定難病検討委員会が開催され、新たに43疾患が指定難病として了承されました。 指定難病の選定は2月中に終わる予定で、最終…

新しくなった小児慢性特定疾患(52)~小児慢性特定疾病に関する医療費助成制度

先日、難病法に基づく特定医療費制度についてまとめました。 今回は同時に開始された新しい小児慢性特定疾病についてまとめます。 大きの部分が難病医療費助成制度(54)と近い内容になりますが、まとめてみます。

平成27年度介護報酬の見直し案(告示案)~居宅療養管理指導費の改定は行われず

平成27年2月6日、厚生労働省 社会保障審議会は、介護給付費分科会を開催し、平成27年度介護報酬の見直し案(告示案)が了承されました。 その中で、ひとまず、介護保険における薬局の在宅指導の、居宅療養管理指導費に関する改定は行われず、現行通り維持と…

特定疾患治療研究事業(51)と難病医療費助成制度(54)~薬局での対応はどう変わる?

あけましておめでとうございます。 正月気分も抜けたところですが、新たな医療制度が開始になりましたね。 昨年末のうちにレセコンの対応など準備を行ってはきましたが、いざ始まると完全に理解できていなかったことがわかるものです。 ということで、少し勉…

レセプト摘要欄への記載が必要な事例(平成26年3月26日)

この記事の内容は古い情報になっています。 以下の記事が最新の内容になっています。 前回に続いて、平成26年3月26日「診療報酬請求書等の記載要領等について」等の一部改正について。 この機会に、レセプト摘要欄の記載項目について復習しておきましょう。

レセプト摘要欄記載項目一覧(平成26年3月26日時点)

レセプト摘要欄への記載項目一覧